ビジネスブログの8割のアクセスは検索エンジンから

Pocket

私のブログのほとんどはSNSからだよー

って方、いらっしゃいますか?

SNSからしかみてもらっていないブログということになります。関係性重視の時代ではありますが、ブログをやる価値はやはり検索です。

お店や宿のブログをしているのであれば、「検索」からの流入のないブログはせっかくコツコツ書いていてももったいないです。


紙媒体からの検索誘導も大切です♪

今日は昨日からの続きでそんな話をしますね。

おはようございます!普段は民宿の親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

ブログをやる目的は様々。あくまでもビジネスブログ。お店や宿の屋号や会社名を背負ってブログを書いている人にとってのお話です。それ以外の目的でブログをされている人には当てはまらないことをご了承下さい。

昨日もお話ししましたが、コミュニケーション、特にリアルを絡めるのであれば、Facebookでも可能です。わざわざ時間を割いてブログを書く目的って何でしょう。

ブログは検索からが8割以上

距離の近い人とのコミュニケーションであれば、LineやFacebookでできます。共通の趣味、嗜好でつながるのであればTwitterやインスタグラム。

ブログは自分の思いや考え方を公開できる場所。今や一般人でも自分の考え方を世の中に公開できる時代。それを自分ブランディングや商売につなげてやっていくのか。

自分の趣味嗜好がけでなく、価値観を知ってもらうための情報をふんだんに書くことができます。しかも、FacebookやTwitterのように情報が流れていかない。忘れた頃に読んでもらえるような資産にもなります。

この部分がブログの肝。


宿ブログのヘッダーバナーを変えました

既に知っている人とのコミュニケーションでブログを使う。間違いではありませんし、やっても構いません。でも、ビジネスブログ、新しく自分の存在を知ってもらうための集客ブログとして考えると、アクセスの8割以上が検索で来るのが理想です。


ある日の私の宿ブログのアクセス解析
総アクセス5250中検索エンジン3902

いわゆるパワーブロガーと呼ばれている方やビジネスでブログを活用されている方は、検索でのアクセスが多いです。

逆を言えば、検索からの流入を求めていないのであれば、ブログをする必要性は少なくなります。特にワードプレスで行う理由は低い。無料ブログでも良いです。

ビジネスでブログを使うなら「検索」を意識しよう

以前にもお話ししましたが、友達ですら毎回ブログを読んでもらえない時代です。ならば、友達や常連さんだけにしか伝わらない内輪ネタで盛り上がるのではなく、初めてブログにお越しいただいた方にも興味をひく内容であることが重要です。

ブログに書く内容と言えばザックリ言うと

1.自分が持っている専門的知識・情報
(私の場合は宿のオーナーだから知っていること、住んでいるからこそ知っている地域のこと。その情報が読み手の不や負の解消になっているとなお良い)

2.共感を呼ぶ独自の視点
(自分の商売を通しての大きな夢から小さな思いまで。「私はこう思う」という考え方がユニークであるほど読者は増える。その考え方嫌、と思われることもあるけど、共感してくれた人は読者になってもらえる。)

3.プライベート、人間性の紹介
(時にはプライベートなことも発信し、普段の考え方がどういった生活や交流から生じているかを紹介する)

の3つかと思います。文体は自由です。笑ってもらえるような文章が書きたければそれでもOK。かならずオチを考える文章スタイルもありです。あるいは私が憧れる読売新聞「編集手帳」のような知的な言葉遊びを無駄なくできる文章スタイルを目指すのもありです。

最初はうまく書けませんが、これはもう数こなすしかありません。書き続けることで文章は上達していきます。

SNS全盛の今、”3”のプライベート、人間性の紹介の比率が低くなっている気がします。それってFacebookやTwitterですれば良い事なのですから。

ハードルを上げることを言ってしまいそうですが、ブログには他人が興味を持つ情報や独自の考え方を書くのがベスト。

それをSNSにアップさせる際は、ネタの提供。

「こんな情報あるんだけど知ってた?」

「こんなこと感じてるんだけどどう思う?」

そこから話が広がる。「自分」がどんな人かを感じてもらう。

Facebookだと公開範囲が狭いけど、ブログだと見ず知らずの人も含め、より多くの人に読んでもらえるチャンスがある。すなわち自分を知ってもらえるチャンスがある。

とはいっても、ビジネスブログであれば見ず知らずの人に読んでもらうこと前提ですよね。ならばSNSからの流入だけでなく、「検索」で来てもらうことを意識すべきです。

私はそれがビジネスブログの王道だと考えています。(もちろん、例外もありますし、そうでなくやっている人を批判しているわけではありません)

「検索」を意識するには、読み手が読みたい情報のキーワードを記事タイトルに入れる事。まずはここからがスタートです。

ビジネスブログをするのであれば

・「検索」からのアクセスが全体の何割か?

・「検索」からのアクセスを増やすためタイトルにキーワードを入れる

この2つを意識してやっていきましょう。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする