Googleマイビジネス

Googleマイビジネス×○○で売上高を伸ばした和食店の事例

地方の飲食店で導入が進んでいないGoogleマイビジネス。商工会の伴走型支援で、Googleマイビジネスの整備と合わせて店舗独自の施策を行って、コロナ禍の中でも集客や売上を伸ばした事例について、和食店を例にお伝えします。
GoToキャンペーン

GoToトラベルの最新情報を得る方法は?【宿泊事業者向け】

「どうやったら、GoToトラベルの最新情報を知ることができますか?」観光協会からも情報が来ない。仲間内で勉強会をするということもなく、自分で情報を取りに行かない限り、情報が手に入らない。そうお悩みの宿泊事業者様に向けて、私が日頃行っている Go To トラベル事業の情報収集の方法についてお伝えします。
Googleマイビジネス

Googleマイビジネスで宿泊施設のカテゴリが改訂に?

2020年10月中旬、Googleマイビジネスの管理画面で宿泊施設の民宿などでメインカテゴリが更新されていました。その後、Googleが新たに宿泊施設向けのカテゴリについてヘルプページを新設し。グレーゾーンだった民泊についても明確に記載されました。これについてご紹介します。
Googleマイビジネス

ホテル向けGoogleマイビジネスにCovid-19(コロナウイルス)対策についての属性項目が追加!

ホテル向けGoogleマイビジネス(以下、GoogleHotelAdsと略)の設定で、2020年秋、「ホテルの属性」にCOVID-19対策に関する「健康と安全」という項目が追加されました。GoogleHotelAdsのトップ画面及び詳細画面に表示され、Googleマイビジネス管理画面から設定します。
GoToキャンペーン

宿泊施設の地域共通クーポン対策。ID及びマイページはありますか?

地域共通クーポンの紙クーポンが来ているから自分の宿は大丈夫、ではありません。IDはありますか?マイページはありますか?しかも、宿泊事業者用の10桁IDと登録事業者用の9桁IDは管理画面urlは同じでも内容は別物です。IDに心当たりがない方はすぐに過去のメールを確認しましょう。特に宿泊事業者様向け、というのはマストです。
GoToキャンペーン

宿泊施設が行う、GoToトラベル対応の手順について

宿泊施設はクーポンを配布する側ですが、クーポンを買い物に使ってもらえる「取扱店」として登録することもできます。管理も複雑になってくるため、作業内容をまとめました。なお、今回はステイナビが第三者機関のパターンCで登録して、OTAからの予約も受ける宿泊施設の対応になります。
未分類

たけの観光協会主催、宿泊事業者対象のGoToトラベル勉強会で講師を務めました(9/23)

たけの観光協会主催のGoToトラベル事業勉強会で講師として登壇。GoTo事業内容や10月1日からスタートする地域共通クーポンについての説明(取扱店登録、配布についての注意)、GoTo事業の宿での活用法についてお伝えしました。
セミナー・講演会聴講

「スイスに学ぶ 地域教育を通じた地域振興」(講師:山田桂一郎先生)を聴いて 

9月5日(土)、和歌山大学南紀熊野サテライトの令和2年度(後期)オープンセミナーが開催され、客員教授である観光カリスマの山田桂一郎先生の特別講義をオンラインで受講しました。その備忘録としてブログにまとめました。
キャッシュレス

備えよう。GoToトラベルキャンペーンで宿泊施設の資金繰りがピンチに!

GoToトラベルキャンペーンが始まって1ヶ月が過ぎました。8月の売上結果も出ていることと思います。この夏の皆さんの宿の売上状況、いかがだったでしょうか。売上が上がった、昨年実績まで戻った宿泊施設の話を多く耳にするようにしました。しかし皆さん、資金繰りは大丈夫ですか?GoTo割35%分のお金は即金で入ってこない。
You Tube

開催報告「GoToトラベルキャンペーンを活かすには?」YouTubeLive vol.11特別ゲスト川嶋雄司氏

宿泊施設はGoToトラベルキャンペーンに参加表明しなければなりません。その際の参加表明の仕方が3パターンあります。一般的にはパターンA,B,Cと呼ばれています。今回のYouTuveLIVEでは川嶋雄司さんとスピード感のある参画方法についてのお話をしました。
タイトルとURLをコピーしました