Googleアカウントを持っているお客さんが少ないため、クチコミを書いてもらえない?!

Pocket

私が今回、Androidのスマートフォンを購入した最終的な決め手。

Android=Google

ということの親和性を確かめたかったからです。


Googleモバイル

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

ある事業者さんからこんなご意見を聞いたためです。

私のお客さんはスマホを持っていても、Googleアカウントを持っていません。

なので、Googleへのクチコミをお願いしても書いてもらえないんですよ。

ふむ。なるほど。

確かに年配者のお客様の多い事業者さんの場合、なかなか書いてもらえませんよね。そもそも、

Googleって何?

ってレベルのスマートフォンユーザーさんは多いのだと思います。

取説では最初にGoogleアカウントの設定を説明しているんですけどね。

Androidスマホはまず、Googleアカウントを登録する

昨日のブログでお話した通り、Androidのスマートフォンをお持ちの方はGoogleアカウントを持っています。

購入時、Googleアカウントの登録を促される

ひょっとして、登録しないままガラケー的な使い方をされているかもしれませんし、最初に登録したことを忘れているかもしれません。

スマートフォンを立ち上げると、最初からGoogleのファイルがあります。

Googleのアプリをまとめたファイル

タップしてみると・・・

Googleアプリがまとめてあります!

これを使ってこそのAndroidなんですけどねf^^;

ダメもとでも良いので、Androidスマホをお持ちならばできますよ、とお声がけしてみるのも良いかもしれません。

一昨日もお話した通り、iPhoneの方がシェアが高いと言っても、iPhoneをガラケー代わりに購入する人はいないです。

Androidはスマートフォン初心者が購入しているという傾向もあります。

Googleアカウントを使うお手伝いをするというスタンスでお客様と接してみるのも良いでしょう。

先日、PAYPAYの時にも思ったのですが、

お客様が知らない、使ってない

ということでなかなか利用されないってことありますよね。

ではそこで、使ってもらう努力をこちらからしてみるという発想はないでしょうか。

例えば、GoogleアカウントとGoogleマップを使ってもらえば、その場でクチコミは書いてもらえます。

※何か特典をつけて書いてもらうとGoogleの規約違反になります。あくまでお願いする程度で。

クチコミを書いてもらうためにGoogleアカウントの説明をするのではありません。Googleアカウントを持っていれば、無料で写真を保存したり、カーナビの仕組みを持って歩けるのです。

無料で写真保存=Googleフォト

カーナビの仕組みをお持ち歩ける=Googleマップ

便利な機能の先に「クチコミを書く」という行為がある。

星をつけてもらうだけでも良いのです。

Googleアカウントを持っているお客さんが少ないため、クチコミを書いてもらえないのではなく、Googleアカウントは持っているけど持っていることを自覚していない、あるいは使い方がわからないというお客様が意外と多い。

そんな風に考えてみることでクチコミを集めてみてはいかがでしょうか。

私が今回Androidを購入したのにはそんな意図もあります。

☆☆☆Googleマイビジネスの基本は  ☆☆☆
☆☆☆動画セミナーを活用して半日で☆☆☆
☆☆☆設定してしまいましょう♪  ☆☆☆

Googleマイビジネスセミナー
初級編&中級編セット動画はこちら

Googleマイビジネスセミナー
宿泊施設編動画はこちら

Googleに好かれること。とても大切です。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする