SNS・WEB全般

町おこし・町づくりに「若者・よそ者・バカ者」が良いのは「覚悟」を持っているから

「若者・よそ者・バカ者」が良いのは「覚悟」を持って行動できること。行動とは具体的にどんなことか?お金がない、経営力がない。確かにないところが多い。だからこそ"発信する"という無料でできることをやる。だから、恥ずかしいなんて言ってないでブログやSNSやる。何か最初にできることってあります。それが「発信すること」なんです。
SNS・WEB全般

田舎の人たちがブログを書けない、SNSで顔出ししたがらない本当の理由

まずは、匿名ではなく実名でブログを書いてみましょう。屋号ではなくちゃんと名前を名乗りましょう。SNSのプロフィール写真は本人の顔写真に。発信していなくても、お客様からみればそれだけで安心感や親近感につながります。実名でのブログ、プロフィール写真を本人の顔写真に。やってみればマイナス要因は全くないことがわかりますよ。
SNS・WEB全般

ブログは自分が役立つ人か、好かれている人かも数字でわかる

個性を出すとともに、自分が何のプロフェッショナルかを表現する場なのがブログです。「人としての好感度」はとても重要。でもその前提条件として「自分が当たり前で知っていることでも他の人が知らない情報」をお届けできること。役に立っているかどうかの目安がアクセス数。「好きな人」になってもらえているかどうかがリピート率です。
マーケティング

「売り込み」ができない人はやっぱり売れないし、結果お客様の役にも立たない

その情報を知りたい人がいる、その情報を知ることでハッピーになれる人がいらっしゃる。そう思って私は文章を書いているから。不快に思う人は読まなければいいだけだし、きっと一度来て合わなかったら次は来ない。「この文章、売り込みっぽくて嫌」って思った時点でその人はそもそもあなたやあなたの商品に興味のない人です。
エクスマ

「お客様の立場、気持ち」になって独自性・とんがり・強みを見つける2つの方法

自分の「好き」なことを「好き」と言ってくれる人をお客様にする。お客様から喜びの声をいただき、繰り返し喜んでいただけている内容を自分の強みと考える。この2つの方法こそが、自社の独自性(とんがり・強み)を見つける方法なんじゃないかって私は考えています。
エクスマ

エクスマをすると売上がなぜ伸びるのか〜後編

誰もができることを誰も続けられないぐらいやり続けてみる。時間経過後に振り返ると必ず結果はでています。伴っていないならば、続けていないだけ。どうすれば続くのか。ひょっとしたらやり方や向け先が間違っているから効果が出てなかったかも。エクスマで学んだ様々な考え方や真理が、結果を生み出しているということを私は実感しています。
エクスマ

エクスマをすると売上がなぜ伸びるのか〜前編

実は私がエクスマで学んだ最初の行動的定義は「常連様を死ぬほど大切にする」ということでした。この基準に反することはやらない、と。そう決めてからキャンペーン広告は一切出さなくしましたし、たとえ即効的な売上効果があっても、お馴染みさんを失ってしまい、長期で見るとお客様を失ってしまう結果になるからです。ではどうすればいいのか?
エクスマ

ネットや本で学ぶのとリアルで会ってビジネスを学ぶのとの違い

本を読んだだけだとテクニックを学んだだけですが、ライブだとすぐに実行に移そうというやる気も起こります。行動するのが当たり前の人たちの場に身を置くこと自体が刺激的でかつ実際に行動する気持ちを高めてくれます♪意識の高い人と一緒にいるだけで既に多くの勉強をしたことになっているのです。やる気はライブだからこそ得られます。
エクスマ

ガクの解釈「エクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)」とは?

「体験を届ける」だとテクニック的。「愛を届ける」だと宗教チック。なので私は「幸せ感」という言葉を使っています。お客様に愛を届け、幸せな思いをしてもらう。そのために素敵な体験をしていただこう。そう考えた結果が様々な販促アイデアとなっていく。エクスマで学んだ販促実践は、全てお客様が喜んでくださった結果としての売上です。
マーケティング

商売がうまくいかない人の3つの傾向~自分も以前、そうだった・・・

ビジネスがうまくいかない人の問題点3つ。(1)楽してすぐに結果が出ることを探し続けている。(2)うまくいかないことを「環境」や「他人」のせいにしてしまっている。(3)やると決めたことを実際に行動に移す「覚悟」、やり続ける「覚悟」が足りない。失敗することは悪いことばかりではありません。でも同じ失敗を繰り返さないこと。
タイトルとURLをコピーしました