2019-01

接客・接遇

接客・接遇の法則シリーズその1☆「嫌だな」と思った時ほど笑顔2倍返し

クレームとは原則「お客様にとっての困り事」から始まります。私は困り事を解決しますよというスタンスはまず、笑顔でアプローチした方がお客様も安心感があるはずです。私は何かトラブルが起こった時は、お客様に対して困った時ほど笑顔2倍返しと心の中でつぶやくようにしています。意識することでしか、解決しません。
マーケティング

収益の仕組みが変換期に来ている。皆さんの商売はどうしますか?

収益化の仕組みが変わる。お客様からお金のもらい方、お金をもらう理由が変わる。自分の業界、商売に置き換えて考えてみましょう。これまでと同じことをやっていて良いのか。同じ金額でよいのか。収益の仕組みが変革期に来ています。新しいキャッシュポイントが生まれるとともに、これまでのお金のもらい方ができなくなるということです。
地域活性化

手数料が高いことに抗議はするけど、中小事業者もキャッシュレスは進めるべきです!

私はクレジットカード手数料の補助金負担に対し、おかしいことをおかしいと言っているだけで、キャッシュレス化自体は推進していくべきの立場です。もはや現金数えて手書き台帳、請求書の時代ではなくなってきています。キャッシュレス化は必須です。その上で適正な決済手数料になることを望みます。
地域活性化

補助金が日本をダメにすると実感したクレジットカード&電子マネー手数料への補助金問題

補助金がガンなのです。事業者の自ら考え、知恵を絞り、行動しする力を奪うのです。官僚や政治家がやるべきことは補助金ではなく、クレジットカードの手数料負担の率をグローバルスタンダード(世界基準)に合わせることです。電子マネーやスマホ決済が決済事業者が新たに儲けるため、事業者から搾取するための仕組みとなってはいけません。
Googleマイビジネス

Googleマイビジネスのメッセージ機能って使える?現時点での問題点も考察

Googleマイビジネスで2018年11月に実装されたメッセージ機能。にもかかわらず、私も含めて様子見をしています。その理由は、Android、iOS(iPhone)で画面が異なることや、ナレッジパネル内にメッセージボタンが無いなど、Googleが開発しやすいAndroidに優位なシステムのためです。
Googleマイビジネス

【開催報告】一般店舗向け・Googleマイビジネス活用セミナー(1/21<月>オンライン開催)

今週、一般店舗向けにGoogleマイビジネス活用セミナーをオンラインで開催しました。今回はオーナー登録をしていない方から、登録だけした、という初心者向けです。必要最低限、お客様や見込み客に使ってもらえる「商品/サービス」の投稿を最近伝えています。お客様も事前に商品が分かると安心ですし、インバウンドの利用も増えています。
Googleマイビジネス

Web上の情報を整えるってどういうこと?SNSって効果はあるの?後編

SNSでの被リンク自体にはSEO的価値はありませんが、SNSでの拡散をきっかけに、コンテンツ品質の高い記事として評価され、結果としてSEO効果が生まれるという流れはできます。あなたのお店が「このビジネスのオーナーですか?」となっているのにSNS頑張っているというのは本末転倒。まずは情報整理です。
Googleマイビジネス

Web上の情報を整えるってどういうこと?SNSって効果はあるの?前編

Web上の自社情報を整える、といっても意外と放置している、気づかないでMEO順位を下げている情報が掲載されていることがあります。Web集客を行う場合、情報の統一、最新性は必須です。Googleマイビジネスや自社サイト以外の情報でも異なる情報がないか、あるいは古いものがないか、確認しておきましょう。
Googleマイビジネス

ホームページはいらない?ブログは?GoogleマイビジネスだけでOK?実際はどうなの?

地域に同業他社が多く、皆がGoogleマイビジネスをやりだした時は、Web上にたくさんの情報がある事業者が有利になります。また、自社サイトがhttps化されて最新のものであったり、ブログの更新頻度が高い、更にはGoogle広告に出稿しているといったことが総合的に判断され、優位に働きます。
Googleマイビジネス

クチコミ・お客様の声とのつきあい方が集客のイノベーションを起こす

クチコミやお客様の声に向き合った、良悪どちらのクチコミも受け入れる覚悟を持った宿から時代について行ける。そんな時代になってきている。OTAや広告に依存しない、これからの集客を確立したければお客様の声やクチコミにしっかり向き合うことです。今後、クチコミ・お客様の声とのつきあい方が集客のイノベーションを起こします。
タイトルとURLをコピーしました