「SNSをやるな」と言っているわけではありません「やることやってからやりましょう」ということです

Pocket

昨日のブログ記事のタイトル。

SNSで誰かに嫌われるより、Googleに嫌われる方がWeb集客では致命的です

というのは、ちょっと間違って受け止められる可能性のある危険なタイトルだったかな。

SNSで誰かに好かれる努力はしているが、知らぬ間にGoogleに嫌われていることをしている

と言った方が正確だったかもしれません。

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

さて、、、

商売には優先順位というものがあります。

まず、注文や予約をとれる状況を作っておく。

お客様が欲しいと思っても買えない、詳細情報がわからないようでは買ってもらえません。

友達が「いいよ」と勧めてくれた。

そのお店、宿をGoogle等で確認しますよね?

少なくとも住所とか電話番号とか。

購入しようと思っているモノやサービスの詳細が書いてあれば良し。

これまではそれがホームページ。今流に言うとWebサイトだったわけです。

でもですね・・・

自社サイトは見てもらいづらくなっている

今、自社サイトに来てもらう前にワンクッションあるんです。

自社サイトを見てもらう前にGoogleマイビジネスの詳細情報が登場しているわけなんです。


WebサイトやSNSのアクセス数は激減している

自社サイトは見てもらいづらくなっている。

激減した分はどこに行っているのか。

そうなんです。Googleマイビジネスの閲覧数が増えているのです。


アクセス数は非常に多い!!

ちなみに上記のGoogleマイビジネスのデータは、オーナー登録すれば毎月登録したメールアドレスにデータ結果が送られてきます(勿論、無料です)。

上記の19676人は7月のデータ。8月は2万6千人でした。11月からのカニシーズンになるともっと増えることでしょう。

オーナー登録しないとこのデータは確認できませんし、訪れた検討中の閲覧者に最良かつ最新の情報をお届けすることができません。

ここで、興味を持ってもらい本当に検討して頂いている方が自社サイトへ行く、という動線に今はなっていますし、ともすれば自社サイトを見ずに「タップで電話」で直接問い合わせ、あるいは注文や予約となってきているのです。

「好い人だな」とつきあってみたら
掃除や整理整頓ができない人

こんなケースってありますよね。

この人好い人だな、と思ってつきあってみたら掃除ができなくてだらしない人。お金の管理ができない人。机の上が整理整頓できない人などなど・・・


だらしがない人(笑)

Googleマイビジネスは世界共通、業界問わず同じフォーマットです。

店舗商売をされている場合、検索されると必ず最初に登場します。

そんなWeb上の玄関とも言うべき場が

・オーナー登録されていない。

・情報がいい加減。

・営業時間が登録されていない。もしくは間違っている。

・クチコミの返事がない。

・好き勝手なクチコミばかり入って荒れている。

なんてなっていたらどうでしょうか。

例え友達の紹介、SNSで良い評判を聞いたとしても、不安になりませんか?

ちなみに私、自分がユーザーの立場でお店選びする時に、評価点が5点満点中2.9以下だとやっぱり不安になります。


流石に1点台、2点台のクチコミは不安

玄関の荒れているお店はお客様の足を遠のけます。

SNSで関係性を築けても

この人、SNSではあんなに小まめなのに、どうしてWebの玄関であるGoogleマイビジネスをきちんと対応してないんだろう?

って思ってしまいます。

SNSをやるやらないの問題ではないです。

SNSをやる前にお店の玄関ぐらい掃除しておきましょ。

だらしないところを見られないようにしておきましょ、ということです。

ちゃんとしていても、Googleに嫌われてはいけない

もう一つ。ちゃんとしているんだけどGoogleに嫌われてしまうというのもいけません。

オーナー登録をしている。SNSで仲良くなった人が良いクチコミを書いてくれる。勿論、返事も書いている。

SNSを連動させてGoogleのクチコミを増やす。

これが理想の形です。

「クチコミ書いて下さい!」

とお願いできる関係性もできるのがSNSの良いところです。

でも・・・

SNSを活用してせっかくお客様に好かれているのにGoogleに嫌われているケースがあります。

例えば、業界検索でお店が上位表示されないケースです。

オーナー登録もしている。クチコミもたくさん入っている。評価も良い。返事も書いている。なのに上位表示されていないというお店を見かけることがあります。

この場合を私は

Googleに嫌われている

と呼んでいます。

どういうことか。

Googleの基準に違反していて、検索上位に上がりにくくしてしまっているのです。

例えば。屋号をこんな風に変えてしまった。


民宿かどや(JR佐津駅から徒歩7分)

これ、Googleの基準違反です。

Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドライン

実際のお店やサービス、看板や販促品などで使用され認知されているブランド表記と一貫性のあるビジネス情報を掲載します。

簡単に言うと

正しい屋号を使いましょう

ということです。

(JR佐津駅から徒歩7分)

って屋号ではないですよね?

SEO効果を狙って情報を屋号に入れ込むのは下心を見透かされます。

また、

「旅館かどや」「民宿かどや」「民宿旅館かどや」「かどや」

とサイトによって表記がバラバラなのも、検索エンジンを誤解させる元となります。

これが

Googleに嫌われる

というものです。

ひと昔前にSEOを勉強した人ほど陥りやすいです。

MEOとSEOは違うのです。

SNSでお客様に好かれてGoogleに嫌われる。

現実に起こっています。

SNS”だけ”ではダメなのです。

Web上の変化を認識した上で、SNSで楽しく交流することが大切です。

「SNSをやるな」と言っているわけではありません。

「やることやってからやりましょう」ということです。

優先順位は・・・

玄関を掃除して整理整頓しておくことの方が友達と交流するよりも先ですよね?

以上、動画やセミナーでお話していることの一部を紹介させていただきました。

Googleマイビジネスセミナー
初級編&中級編セット動画はこちら

Googleマイビジネスセミナー
宿泊施設編動画はこちら

Googleに好かれること。とても大切です。

実際の講習を受けたい方はこちら↓↓↓

Googleマイビジネス講座のお知らせ

★大阪市開催
2018年11月7日(水) 19:00〜21:00
場所:大阪産業創造館 6階 会議室AB

詳細はこちら
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=26610

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする