Googleマイビジネスの屋号でSEO効果を狙ってはダメな件☆店名はもっともシンプルなものに!

Googleマイビジネス

今日は言いたいことをシンプルに。

とっても大切なことです。

誰も書いてないみたいなので書きますが、これ、違反している人多いのです。

よーく理解して下さいね。


屋号のお話です♪

先日の京丹後市で開催したGoogleマイビジネスセミナーでも質問されたことです。

 

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

Googleマイビジネスの屋号。

上記を見て頂いての通り、「民宿かどや」のみです。

例えば、SEO的に言えば、「佐津温泉民宿かどや」「民宿かどや<香住>」って地域名を入れたいですよね。

「地域名+屋号」

更には「民宿」が業種なので「民宿かどや<香住>」と書けば、

「業種+屋号+地域名」

となってSEO的に有利!!

と思っちゃいますよね。

※「SEO的に」というのは検索で上位に表示されやすくなる、という意味です。

でもね。これ、Googleマイビジネスにおいては規約違反になります。

詳細はこちら

つまり、SEO的にむしろマイナスになってしまう。

いわゆる屋号として登記されている名称。一般的に流通している名称以外はNGなのです。

もしもSEO効果を狙って屋号以外の名称にすると、屋号検索をした際にGoogleマイビジネスが出てこずに

「こちらを検索しますか」

という候補店が出てきます。

つまりこれは、Google検索が同じ住所に複数の屋号が存在していて混乱している(結果的に評価順位を落とす)結果になっているのです。

例えば飲食店の場合、自社サイト、Googleマイビジネス、食べログ、Facebookページ、Twitter(Yelp)で屋号が異なると混乱の元となります。

特にGoogleマイビジネスの店名(屋号)は最もシンプルでなければなりません。


余計なサブタイトルは付けない!!
シンプルな店名のみで

よーく考えてみて下さいね。

そもそもSEOではなく、MEOなのです。

地図上に表示されるわけですから、地域名は不要なのです。

更に言えば、Googleマイビジネスで「ジャンル=業種」を登録しています。


カテゴリー登録で業種も明確

詳細文章やクチコミ投稿内容がSEOに効いてくることはありますが、屋号は下手にSEOを効かそうとすると、逆にMEO内での評価を下げます。

MAP順位を下げるどころか、MAPに掲載されなくなってしまう可能性もあるのです。

グーグル先生はテクニックで順位を上げようとすること自体、嫌っていますしね。

大切なことです。

屋号はシンプルに店名だけで。

下手なおかず文章は付けない。

Googleマイビジネスにおける屋号記載の原則です。

ご注意下さいね。


「コムサポートオフィス」のみ
地域名や業種を入れないこと!

どの事業者でも同様です。

 

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

Googleマイビジネス講座のお知らせ

★大阪市開催
2018年11月7日(水) 19:00〜21:00
場所:大阪産業創造館 6階 会議室AB

詳細はこちら
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=26610

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました