「ジオパークとビジネス」というお題にて~日本地球惑星科学連合2018年大会

Pocket

先週土曜日から日本地球惑星科学連合2018年大会なるものがあり、昨日までコムサポ代表でもある今井ひろこは幕張メッセ出張していました。

日本地球惑星科学連合ってスゴイですよね。

初めて聞いた時、ウルトラ警備隊のコスチュームか何かで行かないといけないのかって思いました(笑)。


こんなの着ていくとか・・・

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

ちなみに日本地球惑星科学連合大会というのは、地球科学に関する様々な学会の関係者が一堂に会する学会のような感じかと思います。(私は行ったことがありません)。

「ジオパークとビジネス」で発表

今回、今井ひろこはジオガイドとしてではなく、コムサポートオフィスというコンサルタントの立場、及び和歌山大学で観光学を学ぶ研究員としての立場で30分ほど登壇させて頂く機会を得ました。

お題は以下の通りです。


ビジネス面から見たジオパークについて

元々は「ジオパークをうまくビジネスに活用している事例を紹介してほしい」ということでオファーがあったとのことでした。

この2週間、スライドの作成に何度もつきあいました(笑)。

何度も何度もあーでもない、こーでもないと修正を加えましたので、かなりコムサポらしい、深いコンテンツになっていたと思います。

日曜日の午後登壇しました。

実際に聞かれた方は内容にどんな印象を持たれたでしょうか?

思えば、7年前に爆弾発言をしていた

今井ひろこがジオパーク関連の大会の場で初めて登壇したのは2011年の第2回ジオパーク全国大会でした。


この頃はまだ”ひろこ”ではなく”裕子”

山陰海岸ジオパークの事例発表なのですが、この時


山陰海岸ジオパークの弱みは「連携不足」

と指摘していました。

この6年後によもや「連携不足」でイエローカードとなるとは・・・(苦笑)

この辺の視点から再度この時の発表を見返すとなかなか興味深いです。

15分ほどの動画です。今見ると非常に興味深いです。

設立時からほとんどのスタッフが入れ替わっている山陰海岸ジオパークの事務局の皆さんは特にご覧頂くと良いかもしれません。

香美町のジオパーク推進補助員に過ぎなかった今井ひろこが全国のジオパークで講演をして渡り歩くきっかけになった発表でした。

ちなみにこの発表内で、当時は皆が思っていても口に出せなかった爆弾発言をしています。

それがこちら↓↓↓

世界ジオパークになっても観光客は押し寄せない

なぜなら「ジオパーク」の認知度は低いから

これ、ペーペーの下っ端だから言えたこと。

当時はまだこれ、公の場で言える時期ではありませんでした。

この爆弾発言がこの発表にインパクトを与えたように思います。

せっかくなので、今回もこういった爆弾発言を入れとこうよという話になりました(笑)。

ジオパークのビジネス活用はやったもん勝ち

世界遺産のように世界ジオパークに認定されればたくさんの観光客が押し寄せる。

そんな幻想は打ち砕かれました。

7年前は「認知度が低いから」と発言しています。

今は違います。

日本遺産、エコパーク、美しい村連合、DMO等、プラットフォームがたくさんありすぎるからです。

これをプラットフォームにして活動すれば、観光客が増えるよ、と期待を抱かせてくれる仕組みが出来過ぎているのです。

今やどれをやっても観光客増の期待はできません。

もちろん、効果を出す事業者も一部現れます。

ジオパークをうまくビジネスに結び付けて儲ける事業者と、何もしないで儲からない事業者の2つに分かれます。

どこの地域にも良い観光資源はあります。それを専門家の先生に気軽に聞くことができ、科学的に裏付けされたビジネスストーリーを作り上げることができるのです。


ビジネスに使えるジオストーリー

作って伝える努力をした人だけがやったもん勝ちになります。

今回の発表では、ジオパークを活用して売上を上げた事業者の事例をいくつかお話し、その上で

ジオパークというだけでお客様が来ると思い込んでいて何もせず、 お客様が来ないから「ジオパークはあかん」というのは、 コンサルタントの立場から申し上げますと、 経営努力、集客努力をしていないだけの話

とバッサリ爆弾発言をしてしまおう

というシナリオを考えました。

やったもん勝ちである反面、やってない人にまで恩恵のくる時代ではない。

この辺はコンサルタントとしての実感もこもっています。

ちなみに今回の発表の骨子はこの部分ではありません。

ジオパークを活用した事業者だけが儲かる状況からどうしていけば良いのか、というお話です。

もっと深い部分であり、爆弾発言は前振りです。

どんな内容だったかは、本人が後日ブログを書くかもしれませんし、この発表も後日YOU TUBEにアップされることと思います。

そちらでぜひご確認下さい。

私から発表することではありませんので。

勿論、全国の自治体様。

このテーマで今井ひろこに講演をご依頼いただいてもOKです。

やる気のある、活用した事業者の成功事例のお話だけでなく、本当の意味でのジオパークのビジネス活用の未来像、持続可能な地域社会のイメージを捉えて頂けます。

今回は30分と時間が少なかったため、60分以上バージョンであれば更に深いお話ができるはずですよ(#^.^#)。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする