北近畿経済新聞社コラム連載「集客UP講座」〜vol.2『グーグルへ登録しよう』

Pocket

週末ブロガーだけど、今日平日も登場しました、コムサポートオフィス代表の今井ひろこです。

先月からスタートした、地元の経済新聞「北近畿経済新聞」へのコラム連載。お陰様で「見たよー」「読んだよー」とお声がけ頂けて大変ありがたいです。

この新聞は月3回発行され、中小零細事業者から大きな会社、銀行さん、商工団体にも読まれている経済専門の新聞です。小さなお店の新商品から、デカい億単位の話まで、京都府北部(丹後)と兵庫県北部(但馬)のいわゆる「北近畿」をベースに経済ニュースを載せています。

今回も夫婦で合作したコラムですが、今回からしばらくテーマはGoogleマイビジネスです。

第2回目『グーグルへ登録しよう 〜マイビジネスで店舗情報管理〜』

合計860文字になるので、要約しますね♪

******

 先日、「最近お客さんが減っているなぁと思ったら、ボクの店がグーグルで閉業になっている!どうしたら良いですか?」と、深刻な顔をした飲食店の経営者から相談を受けました。誰かのいたずらで、グーグルに載っていた店の情報を「閉業」と書き換えられた可能性が高いです。グーグルでお店が「閉業」表示になっているのは、集客に大きな悪影響を与えます。

スマートフォン(スマホ)がインフラとなった今、旅先や出張先でお店を探すときによく使われているのが、米国インターネット関連サービス会社グーグルが展開するローカル検索です。住所や電話番号、営業時間や定休日などの基本情報の他に地図(経路案内)、店内や料理、商品の写真、クチコミ内容や点数などが記載されています。今ではお店に行く人の88%がグーグル検索を使うそうです(グーグル社調べ)。皆様も意識せずに使っているかも知れません。

グーグルのお店情報は、店舗経営者だけでなく第三者も編集可能です。優先的に自店の情報を編集するためには、グーグルマイビジネスというサービスへの登録(無料)が必要です。

店名で検索し表示されるグーグルの店舗情報欄に「このビジネスのオーナーですか?」という記載があれば、登録が済んでいない証拠です。

特に来店型の商売をしている店舗経営者には、私はグーグルマイビジネスへの登録を薦めています。ご不明な点がある方は当社へお問い合わせ頂くか、グーグルマイビジネスヘルプページをご確認下さい

(北近畿経済新聞 2019年3月21日号より抜粋)

******

毎月21日号に掲載されます。次は4月21日号。お楽しみに!

Googleマイビジネス登録代行のご案内

Googleマイビジネスへの登録は最初の設定が大事です。費用自体は無料ですが、作業費を頂戴し、登録代行を行うことにしました。登録後の管理は各自でお願いしていますが、設定後管理で特にクチコミの返信文を考える(特にネガティブなものの場合)などの高度な管理も行っていますので、別途ご相談下さい。

なお、作業量、店舗数により費用はご相談に応じています。

詳しくは、こちらのサイトをご覧下さい。

Googleマイビジネス設定代行(別サイトBaseへ飛びます)

*******************************************************

メルマガでも骨太コンテンツ配信中♪


メルマガサンプル、ぜひお読み下さい!
※上記画像をクリックすれば
サンプルリストのページへ飛びます

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

リニューアルした公式サイト、ぜひご覧ください!!


https://www.com-support-co.jp/

The following two tabs change content below.
私たちは兵庫県豊岡市を本拠地に、全国の小さなお宿の集客問題の解決に取り組んでいるコンサルティング事務所「コムサポートオフィス」です。私たちが実践して培ったノウハウや日々の実践例を、この公式ブログでお伝えしています。なお、ブログネタは宿に限らず、一般の事業者向けの者が多く、平日は副代表の今井学が、週末は代表の今井ひろこが投稿しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする