Google Hotel Finder(Googleホテル検索)の登場で宿泊予約はGoogleだけで完結する時代になる!?

Pocket

弊社副代表ガクの読み物(キーエンス元社員の話)が昨日よりスタートしましたが、今日と明日は週末。話を中断させてしまいますが、週末ブロガーである今井ひろこがお届けします。

今日お話することは少々難しいですが、宿泊業者の方は、近い将来宿泊予約サイト以上に集客のために押さえておかなければならないとても大切な内容となります。

1回読んだだけで分からなくても、大切なことがまもなく起こりそうだ、という意識を持ってぜひ何度もお読み下さいね。

近い将来宿集客の主軸になるかも!?
Googleのホテル検索「Google Hotel Finder」

日本においても、Googleのホテル検索「Google Hotel Finder」が昨年(2018年)にスマホ版だけでなく、PC版も標準装備になりました。2011年頃からGoogleの本拠地、アメリカ国内で始まった検索システムです。


Google Hotel Finder

実装された、といっても専用の検索サイトができたわけではありません。Google検索において「地域名+ホテル、旅館、民宿」と検索した場合に、自動的にGoogle Hotel Finderの画面が出てくるとご理解ください。


「地域名+ホテル(旅館)で検索」すると
上記のような絞り込みリストが出てくる

今まで宿泊施設を探すときには、Booking.comや楽天トラベル、じゃらんネットなど、それぞれの宿泊予約サイト会社のページを開けて探すか、又は、Trivagoのような料金比較サイト(メタサーチ)で見ていませんでしたか?

Google Hotel Finderでは、Mapも表示されますので、宿泊施設の周辺の観光地や駅から施設までの距離も分かります。そのまま列車の時間や経路を調べたりできます。もちろん、経路検索もお手のもの。めっちゃ便利になっています。

これまで交通手段、宿、周辺観光情報とそれぞれ調べていたのが、全てがGoogle検索一発のみで完結してしまうのです。

宿泊施設の経営者は自分の地域が、あるいは宿泊施設がどのように表示されているのか、確認した方が良いので、今現在の画面の見方などをお伝えします。

なお、Googleの検索画面は、AndroidとiOS、それぞれのスマホとタブレット、PCでは表示画面が異なります。(そこがややこしいところ<涙>)そこで、PCとiPhoneの画面の違いを見ながら、どんな情報が表示されるのかをご紹介します。

Googleマイビジネスとどこが違うの?

PCで私の主人の宿「民宿かどや」と屋号でGoogle検索をすると、下記のような画面が出てきます。

iPhoneの場合は、PCよりも詳しい情報を見ることが出来ます。(実際の画面はGoogleから検索してみて下さい)

しかし、Google Hotel Finderでは、周辺観光や立地情報など、Googleマイビジネス以上の情報が掲載されています。

Google Hotel Finderにはどんな情報が載っているのか?

PCとiPhone、Android、タブレット等で見られる画面が異なりますので、今回は誰もが見ることの出来るPC画面で紹介します。

「地域名+ホテル」「地域名+民宿」などのキーワードでGoogle検索すると、一般店舗のGoogleマイビジネスとは異なり、PCでは4店舗がマップと共に表示(スマホでは3店舗表示)されます。いずれも、マップ上には屋号ではなく、価格が掲載されるてて、少々えげつないです。

また、「★が4つ以上」「最低価格は5000円以上」など、しきい値を決めて施設を選ぶ「フィルタリング」ができるようになっています。


「香住+民宿」で検索

一つの宿泊施設をクリックすると、Google Hotel Finder画面に遷移し、PCでは1ページにつき12施設、スマホでは10施設が掲載されます。選んだ施設は青色が付き、それ以外のところと区別できるようになっています。

施設をクリックすると、その施設に関するGoogleHotel Finderでの施設情報の詳細が表示されます。

私の主人の宿を例に、どんな内容なのか、簡単にご説明します。

施設の概要

概要ページには写真の他、クチコミや近隣情報などが掲載されています。

具体的に左の列の上から順番に解説していきます。

写真

写真は画面上部に表示されます。

事業者が投稿した写真だけでなく、お客様が投稿した写真も表示されます。お客様が投稿した写真は閲覧数の高い写真が上位に表示されるようです。

ここをクリックすると、トップ画面上部の「概要」の右端「写真」に遷移します。

屋号の欄

  • 住所、電話番号
  • 宿泊施設のランク
  • Webサイト、経路案内のリンク、予約ボタン(価格のページへ)
  • クチコミの点数と評価ポイント
  • 宿泊施設の簡単な説明

この説明はいずれもGoogleが書いていますので、施設側は修正できません。

「行き方」をクリックすると、列車や飛行機などの乗り換えや金額なども表示されますので、他の乗り換え案内アプリなどを別に立ち上げる必要もありません。

空き室状況の確認=価格(GoogleHotel広告)

楽天トラベルやBooking.comなど、Googleと提携する宿泊予約サイトの価格が表示されます。上記の例で示した私の主人の宿は、たまたま部屋販売をしてなかっただけなので表示されていませんが、実際に表示される宿泊施設では、下記のような表示になり、「その他の料金を見る」をクリックすると、トップ画面上部の「概要」の隣のタブ「価格」に遷移します。

なお、ここに(いまのところ)自社サイト販売のリンクを直接貼ることはできません。ここに自社予約リンクを入れられたり、どこかのOTAが独占するような話になってくると大きな動きとなると思います。

今はそんなに注目されていませんが、近い将来大きな動きとなる可能性があるのはこの部分の動線次第でもあります。(コムサポでは今年、来年中にここの動線に大きなビジネスチャンスが生まれる可能性があるとみています)

レビューの詳細(=クチコミ)

ここではGoogleに投稿されたレビュー(クチコミ)の点数グラフ載っています。

その他、

  • TrustYou社からの情報(客室、立地、サービスの点数)
  • トリップアドバイザー、Booking.comのレビュー

が掲載されています。「その他のレビューを表示」「レビューを検索」をクリックした場合は、トップ画面タブ「概要」の二つ右隣の「レビュー」に遷移します。

なお、TrustYou社は世界300ある宿泊予約サイトに寄せられた評価を分析して施設や宿泊予約サイトへ提供している会社です。

TrustYou社の存在も今後の宿集客に大きな影響を与えると予想しています。こちらについては明日、詳しく更に説明しますね。

ホテルの詳細

Googleがまとめたホテルの詳細が100文字程度で記載されています。

「ホテルの詳細情報を見る」をクリックすると、トップ画面のタブの「詳細」へ遷移します。

詳細画面に遷移すると施設説明が詳細に書かれてますが、これはGoogleがいろんな情報から取り込んで書いている文章で、施設側で編集はできません。ただし、改築、改装して内容が変更されている場合は、Googleに申請することができます。

バリアフリーや支払い、カード内容、設備などは、Googleマイビジネスの「情報」から設定することが可能です。

立地情報

地域情報や付近のおすすめスポット、乗り換え情報がマップ付きで表示されます。

「場所の詳細」をクリックすると、トップ画面タブの「概要」の四つ右隣の「立地」に遷移します。

ここでもGoogleがGoogleマップのデータに基づいた評価点を5点満点で表示しています。

おすすめスポットのタブをクリックすると、近隣の見どころが写真とレビュー、所要時間付きで表示されるだけでなく、プロットされたマップと共に表示されますので、どこに位置しているか一目瞭然です。

移動手段をクリックすると、最寄りの駅と空港が表示されます。主人の宿からはコウノトリ但馬空港が近いのですが、検索が鳥取空港のほうが多いのか、鳥取空港が表示されます。

この一連の流れ。スマホを開いてGoogleだけで全てが完結する世界へと向かっているということです。

これ、ボーとしている場合じゃありません!!

上位表示させるために宿泊施設側にできること

Googleマイビジネスで整えることのできる部分は、一般事業者と違って少ないです。

  • 上質な写真を投稿すること
  • 「情報」のお支払い等を記入する
  • クチコミに返信する
  • クチコミを入れて頂くよう、お客様にお願いする
  • 質問が入っていれば回答する

もし、GoogleHotelFinderのホテル詳細のページで、宿の説明が殆ど書かれていない場合、インターネット上にある自宿情報のファイルをGoogleが収集できていないということを意味します。それは、Googleの能力が無いのではなく、宿側のファイルをGoogleが見つけにくいような低質なWeb情報になっているということを意味します。

そのため、自社サイト&ブログのSEO対策や、モバイルで見やすい表示になっているか、常時SSL化(暗号化プログラム)に対応したり、SNSの情報も整えるなど、Web情報の整理と質の向上が必要です。

Google Hotel Finder(Googleホテル検索)の登場で宿泊予約はまもなくGoogleだけで完結する時代になる可能性があります。それまでにやらなければならないことは、Web上の自社情報を整理しておくことです。

Web情報の整え方やブログの書き方など、短時間で質を向上させたい場合は、当事務所の「小規模宿泊事業者向け4ヶ月講座」や「アクセスと予約の増えるブログ100記事作成4ヶ月講座」がオススメです。

また、各種コンサルティングでもアドバイス可能です。まずは、お気軽にご相談下さい。

*******************************************************

Googleマイビジネスオンライン(ZOOM)セミナーの予定は以下の通りです。

本日開催!!↓↓↓
1/5(土)【オンラインで全国開催】

Googleマイビジネス活用セミナー 【士業限定】

Google Hotel Finderのお話もします!
↓↓↓
1/16(水)【ZOOMで全国開催】

Googleマイビジネス活用セミナー【小規模宿泊施設限定】

1/21(月)【オンライン全国開催】
Googleマイビジネス活用セミナー 【店舗オーナー限定】


メルマガサンプル、ぜひお読み下さい!
※上記画像をクリックすれば
サンプルリストのページへ飛びます

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

リニューアルした公式サイト、ぜひご覧ください!!


https://www.com-support-co.jp/

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする