エクスマ

やっぱり「エクスマの真理」は愛を届けることなんだなぁ〜エクスマセミナー大阪161019

エクスマセミナーでのヤスのお話。従業員に徹底的に愛を届けることで、結果家族にもお客様にも愛が届く。そんな素敵な連鎖を作り出した話には私はもちろんのこと、会場にいた全員が感動。愛の届け先はお客様にだけではない。従業員にも、家族にも。むしろ、従業員や家族に会いを届けられなかったらお客様に愛を届けることなんてできませんよね。
マーケティング

「売り込み」の定義について考える~あなたの感覚は間違っているかもしれない

大切なのは、最初からあなたの商品に興味のない人に売り込んでいないか、ということ。興味ないのに勧められたら売り込みです。興味があったら情報です。そこを見極めることが重要。「売り込み」自体が悪いわけではないのです。その情報を欲している人に伝えないのは「悪」。その人が必要である情報を提供しないのは結果お互いに不幸です。
マーケティング

正しい「売り込み」をされると人は欲しくなるのです~ホッティ―薬店に行ってきた!

大切なのは「正しい売り込み」をすること本当に必要な人に必要な情報を「愛」を持ってお届けする。直感的にそれを感じたから、私は「ホッティ―の塩」を買うために名古屋に立ち寄りました。売り込み、セールスは田舎の人たちがとても苦手。私もこれをできていません。むしろ、「売り込みうざいな」って思われている時もあるかと思います。
エクスマ

「自分らしさ」を出せるお店が一番幸せ~3年ぶりの伊豆の国市「杉山商店」

地方の小さなお店は厳しい?人口減少下で地元相手の商売は苦しい?確かに楽ではない。景気の良かった時のように忙しくなる、儲かることはもうないかもしれません。でも、「自分らしさ」を出して大好きなお客様と楽しい日々をおくれる理想のお店を作ることはできる。自分が何を楽しいと思うのか。どんな生活が幸せか。理想をイメージすること。
SNS・WEB全般

「顔出し」の効果を田舎の人ほど軽視している〜自撮りは「誰が」が明確になる

自撮りがあるとどんな雰囲気になるか?楽しそう!!臨場感ある!!そんな雰囲気が伝わってくると思います。でも、それ以上に大切なのはこのイベントを「誰が」やっているか、参加しているか、が明確になるということ。「顔を出す」ことによる効果。田舎の人はものすごーく軽視しています。損をしています。イベント、講演、商売でも同じです。
SNS・WEB全般

自撮りで周りを笑顔にするコツ~自分をかわいくではなくて周りを笑顔に!

自撮りで自分をかわいく写すコツはあっても、自撮りで周りを笑顔にするコツというのはありませんので紹介します。一緒に撮影している人たちを一斉に笑顔にするコツ。それは、連写することです!後半撮影したものほど笑顔が増えているのがわかります。大勢で写す時は自分のビジュアルよりも皆の笑顔。ここが自撮りグループ撮影のポイントです。
SNS・WEB全般

楽しさを伝えよう~ただただ自撮り(セルフィー)をしているわけではない

自撮り(セルフィー)やってみませんか?自己表現のチャンス。周りを巻き込むコツをつかむチャンスです。人気(ひとけ)の効果とともに、ブログの書き手本人の顔が入ることで文章のリアリティがグッと高まります。
SNS・WEB全般

町おこし・町づくりに「若者・よそ者・バカ者」が良いのは「覚悟」を持っているから

「若者・よそ者・バカ者」が良いのは「覚悟」を持って行動できること。行動とは具体的にどんなことか?お金がない、経営力がない。確かにないところが多い。だからこそ"発信する"という無料でできることをやる。だから、恥ずかしいなんて言ってないでブログやSNSやる。何か最初にできることってあります。それが「発信すること」なんです。
SNS・WEB全般

田舎の人たちがブログを書けない、SNSで顔出ししたがらない本当の理由

まずは、匿名ではなく実名でブログを書いてみましょう。屋号ではなくちゃんと名前を名乗りましょう。SNSのプロフィール写真は本人の顔写真に。発信していなくても、お客様からみればそれだけで安心感や親近感につながります。実名でのブログ、プロフィール写真を本人の顔写真に。やってみればマイナス要因は全くないことがわかりますよ。
SNS・WEB全般

ブログは自分が役立つ人か、好かれている人かも数字でわかる

個性を出すとともに、自分が何のプロフェッショナルかを表現する場なのがブログです。「人としての好感度」はとても重要。でもその前提条件として「自分が当たり前で知っていることでも他の人が知らない情報」をお届けできること。役に立っているかどうかの目安がアクセス数。「好きな人」になってもらえているかどうかがリピート率です。
タイトルとURLをコピーしました