2017-11

SNS・WEB全般

OTA(宿泊予約サイト)のPPC広告問題対策について

検索エンジン(GoogleやYahoo!)で屋号検索しても自社の公式サイトではなく、OTA(予約サイト)のリンクがトップに出てきてしまう。この問題。お悩みな方も多いと思います。しいてあげるならば対策は2つ。一つはOTAには部屋提供をしない、もっと言えばOTAとは契約しないこと。もう一つの対策。自分も広告を購入する。
マーケティング

宿泊予約のよく入るOTAとなかなか入らないOTAとの違い

広告力、ツール力、管理画面の使いやすさの3つの点から見た時、国内宿泊施設にとってじゃらんnetが最も使い勝手が良いです。ITスキルの高い方は楽天トラベル、部屋数が多く、日々販売室数の多い大型宿泊施設は海外OTAがお勧め。そんな感じでしょうか。もちろんこれは現時点での特徴です。数年後には全く変わっている可能性もあります。
SNS・WEB全般

プロならばブログに書くネタ(情報やノウハウ)は日々得られるはずです

ネタというのは、問題意識を持って自分の商売に関係する情報やノウハウを貪欲に吸収することです。そして、自分のできるやり方で活かしていくことです。私はそれをブログで表現させて頂いているだけです。要は日々のプロとしての仕事の中から気づいた情報やノウハウを文字化したのがブログです。
セミナー・講演会開催

場の空気を作る大切さはサッカーも講演も同じ

全く畑違いの業界、知っている人もごく少数の”場”で登壇してお話をする。登壇経験が少ないと、話す内容を気にすることで精いっぱい。”場”の空気を読む余裕なんてありません。最近、ようやく”場”の空気について考える余裕が生まれてきた気がします。構成やつかみを考える。その為には事前の準備が大切です。あとは”場慣れ”と”練習”。
SNS・WEB全般

ブログは「多くの人に読んでもらいたい」ではなく「こういう人に読んでもらいたい」

ブログは不特定多数の人ではなく「こういう人に読んでもらいたい」という明確なイメージを持ちましょう。一番のお勧めは自分のお店の常連さんにお伝えするイメージ。私の場合、「あのご夫婦みたいなお客様ばかりになったら楽しいだろうな」といったような常連さんをイメージし、そのご夫婦に向けて書く、と言った感じを常に持っています。
SNS・WEB全般

「変わる」意識を持たないと反応が良くならないのはブログも同じ

考え方や行動を変えないと事態は良くならない。ブログも同じです。反応がない、効果が出ないのはブログというツールが悪いのではありません。あなたの書いている内容か文体に問題があると考えましょう。反応が出るにはどう書けばよいか、考えましょう。実際に変えてみましょう。ブログを書き始めた頃と内容も文体も同じではないですか?
SNS・WEB全般

ブログネタってどこで見つける?私にとって懇親会はブログネタの宝庫でした(笑)

プロとしての知識とはお客様に聞かれてお答えしたこと。会話、コミュニケーションからブログネタは生まれる。自分の趣味・嗜好をどんどん出して、いざお会いした時、SNSの場で気軽に会話をしやすくすること。私が懇親会で皆さんから頂いた質問がブログネタになるように、皆さんもお客様との会話で質問されたことがブログネタになります。
マーケティング

ピンチがチャンスになるということ

但馬牛はマイナーです。情報過多で、PRしても伝わりにくくなった今の時代、今回の報道で、神戸ビーフが但馬牛であることを知ってもらった人が増えたのであれば、それは一つの好材料です。被害にあうことで知ってもらう、そこから丁寧に説明していくことで但馬牛のネームバリューを高めていっても良いのではないかと思うのです。
セミナー・講演会開催

なぜ、セミナーは自分と異なる業界の話を聞いた方が勉強になるのか?

置き換えは自分の身の回りにたくさんあります。置き換え力があるかないかでセミナーに出たり本を読んだりSNSで文章で触れた時、行動に大きな違いが出てきます。同じ業界の実践例は、それも勉強になりますが、意外と当たり前すぎて行動に移せないことが多いです。むしろ、他業種の実践例にこそ良い行動のヒントが隠されています。
マーケティング

「やり方を変えて行動してみる」ことで生じるチャンスは身近にたくさんある

新しい波が来た時に自分の商売のどこで使えるかを考えてみること。ちょっとだけ「やり方を変えてみる」ことチャンスが生じることって身近にたくさんあります。そこで注目して頂きたいのは、武器を手にして終わりではなく、それを使って毎日の行動をルーティン化させ、数こなした先に成功があるということです。継続行動することが大切です。
タイトルとURLをコピーしました