地域活性化

地域活性化

最悪の状況になった時のAction Planってありますか?

私が懸賞論文を書いた理由。2食付がベースでしかも夕食の時間まで固定。外国人のフレキシブルな要望に対応しづらい構造であることと、今のビジネスモデルが崩壊した時に、どうやって商売を存続していけば良いか。若い人たちにもこの商売を続けていってもらうにはどうすれば良いのかを考えるきっかけにしていただきたかったことです。
お知らせ

地球の歩き方総合研究所による第1回懸賞論文にて最優秀論文賞を受賞しました!

ご報告ブログです。この度私は、海外旅行ガイドブック「地球の歩き方」を発行する㈱ダイヤモンド・ビッグ社の旅に関する調査・研究・コンサルティング事業部門である地球の歩き方総合研究所が実施した第1回懸賞論文において最優秀論文賞を受賞致しました。
マーケティング

「コロナウイルス禍、とても不安!」こんな時こそしっかりとした根拠を元に判断しよう

政府のとっている今の判断と行動は正しいでしょうか。政府や官僚の人たちは先述の感染症学会の根拠や医師会の意見を聞き、バックキャストで対策をしていると思います。今回も2週間の自粛、ウイルスの封じ込めが五輪開催、4、5月からの平常復帰に最も効果的と踏んだのでしょう。それが正しかったかどうかは4、5月、あるいは夏にわかります。
セミナー・講演会聴講

食文化でブランディングすることの本質とは☆ツーリズムEXPO2019で「食文化・酒蔵ツーリズム」セミナーを聴講

京丹後で開催されている丹後天酒まつりの仕掛け人でもあり、丹後酒造ツーリズム運営委員会委員長でもあるSakeソムリエ古田豊弘さんのお話を一度しっかり聞いてみたい。今回24日を選んでツーリズムEXPOジャパン2019へ行ったのはそんな目的からでした。
マーケティング

今、改めて問う「ジオパークってお金になるの?」〜西谷雷佐さんとジオパークについて語る

ジオパークをメジャーに!」と意気込むこと自体が足かせになっていたのではないか。学術的な教育旅行に振るのではなく、旅行において「今だけ、ここだけ、あなただけ」を望む人たちに来てもらえる場所がジオパークであるという形を目指すべきではないか。そうすれば「ジオパークをお金に変えること」ができるのではないか。
セミナー・講演会開催

【終了】9/18マーケティングカフェ with 西谷雷佐先生

開催報告のブログが続きます。先週9/18に開催した『マーケティングカフェ with 西谷雷佐先生』の報告をさせていただきます。地域の観光商品を企画するために必要な発想法について、「目からウロコ、こうやって考えるのか!」と私自身が衝撃的だった部分をフィードバックします。
セミナー情報

「売れる企画を考える」思考力をつけよう〜9月18日「マーケティングカフェ with 西谷雷佐先生」を開催します!

同じようなイベントならば、予算の少ないイベントほど、あるいは企画力の乏しいイベントほど淘汰されていきます。理想は予算が少なくても企画力で勝負できること。そんな企画力勝負で次々と人気の高単価ツアーを企画している旅行会社さんがあります。当ブログでも過去に紹介させていただいた「たび助」の西谷雷佐さんです。
地域活性化

「将来、地方行政(役場・県庁)に就職したいのですが」という大学生の質問を受けて

将来地方行政(市町の役場、県庁等)に就職したいと思います。民間から見て行政の仕事にはどんな不満がありますか?「不満」が「ない」と言えば嘘になります。むしろ、昔は不満だらけでした。今はありません。いえ、厳密に言えば行政にできること、できないことがわかってきたので、できないことをお願いして「不満」にしないようにしています。
Googleマイビジネス

【予告】地方ビジネスにおけるGoogle検索とその対応を徹底解説!【2019年9月10日(火)午後開催】

Google公認 グーグルマップ&マイビジネス両方のゴールドエキスパートを講師に迎え、地方の事業者や自治体が地域にお客様を呼ぶために、Googleをどのように活用していけば良いのか、国内外の活用事例も交えてお伝えします。サービス業、小売業など地方の小規模事業者、商工団体、銀行、自治体職員向けです。
writing by Hiroko

どうすれば地球現象を一般住民にイメージさせることができるのか? 〜日本地球惑星科学連合2019年大会に参加して〜

先月末、幕張メッセで開催された、「地球惑星科学連合2019年大会」のジオパーク公開セッションに参加してきました。6つの口頭発表では立場違えど同じ事を伝えていて、専門用語はできるだけ使わず、シンプルに、エピソードも入れながら、想像力を引き出すように、生活に近い一般的事象と結びつけて伝える、という内容でした。
タイトルとURLをコピーしました