マーケティング

マーケティング

「今年の夏は空室だらけ!」そう思った時にあなたはどんな行動をしていますか?

今年の夏はどこの地域の宿も空室が目立つようです。なぜ、お客様が少ないのかはよく分析されますが、どうすれば、お客様を例年の入れ込み数まで取り戻せるかを考える事業者さんは少ないです。
マーケティング

自社のブランドは、自分で考えるのではなく、レビュー(口コミ)の中から見つける

自分でこんなブランドの会社、商品、サービスを販売したい、を突き詰めるのではなく、お客様に褒められた、評価していただいた部分を伸ばしていってブランドを作るのが今の時代です。残念ながら自分のイメージ通りに進むものではありませんし、自分のセンス一つでうまくいくほど甘くはありません。
マーケティング

「最近、宿泊予約サイトからの送客が減っているなぁ」と宿泊施設の方へ

そもそも論になりますが、お客様が来るのを待っている時点で減り続ける一方です。環境要因といってしまえばそれまでですが、環境が悪くても売上が上がっている宿もあります。こういった宿は「顧客を創造している」のです。
SNS・WEB全般

講演やセミナーでの撮影禁止は是か否か?

メモ代わりに撮影したい。昨日のブログで書きましたが、どんなに素晴らしい内容の講演でも、半年経てば忘れます。でも、ブログやSNSで言語化した講演やセミナーは覚えているものです。忘れてもすぐに思い出せますし、繰り返し聞くことで習慣化も可能です。ただ、聞いただけのセミナーや講演はほとんど意味がありません。
マーケティング

10年以上ぶりにプロ野球を観に行って気づいたマーケティング的な視点

プロ野球観戦をして感じたマーケティング的3つの視点。自分の商売に当てはめて考えてみてください。 ・もう○○だけを売るのは終わっている。 ・お客様はエンターテーメントを求めている。 ・ヒントは商品や提供者側にあるのではなく、お客様側にある
マーケティング

その間際割引、本当に売上につながっていますか?

宿も3.9か4.0かで転換率が大きく変わります。4.0以上ならば躊躇なく予約されます。つまり、お客様に選ばれる宿になるには値引きではなくクチコミ点数を上げること。間際に慌てなければならない集客をしたくなければ、クチコミ点数を上げることです。クチコミ点数を上げる努力から目を背け、安易な値引きに走ってしまっていませんか?
セミナー・講演会開催

OTAやGoogleの口コミで高スコア(点数)をとるポイントは?

セミナーを通して私が感じた口コミ高ポイントのコツ。「親近感」と「段取り」かな、と感じています。少なくとも、料理や食材にこだわったり、過度な設備投資でクチコミ点数が期待できる時代は終わりました。日本では今やどこの宿を選んでも料理は美味しいですし、設備もそのグレードの宿を選んだお客様にとって必要なモノは揃っています。
SNS・WEB全般

「価格・写真・口コミ」だけなら自社サイト(ホームページ)はいらないんじゃないの?

Web上であなたの情報が充実している場所はどこでしょうか。当然ながら自社サイトです。こちらの情報を元に、他の情報(宿の場合OTAに掲載された情報など)が参照されます。自社サイトの情報の信頼性、更には新規性がGoogle情報に影響を与えます。つまり、最新の自社サイトがあるところほど「知名度」の面において優位に働きます。
SNS・WEB全般

ブログ、メルマガ、LINE@、どれをやるのが一番良いか?

3つのうちどれをやるのが良いでしょうか。どれが自分に合っているか。どれが反応が良いかで決めています。以前は圧倒的にブログでした。更にその深掘りのお話のできるメルマガ。この2つでやっていける実感を持っていましたが、今はメルマガの到達率、長文を読むことへの嫌悪感等を考えると、LINE@が非常に有力なのかな、と感じています。
セミナー・講演会開催

いまどきのスマホユーザーは「価格・写真・口コミ」しか見ていない

スマートフォンファーストの時代になって。情報過多時代になって。Webを閲覧するユーザーは、宿泊施設を決める際、ざっくり言うと3ヶ所しか見なくなりました。それが「価格・写真・口コミ」です。その中でお客様が唯一読みこむ場所があります。それが「口コミ」です。
タイトルとURLをコピーしました