Googleマイビジネスで星☆一つだけ投稿での低い評価は無視してよい

Pocket

クチコミは1回だけですが、返事が書けます。

返事が書ける、ということはコミュニケーションです。

ただ、一方的な発信や書きこみとは異なります。


食べログは返信のできないレビュー
どんな書き込みがあってもやり取りができない

Amazonや食べログといったレビューだけ、返信ができない仕組みは、サービス業である宿の場合は無視してよいと私は考えています。

良いレビューもあれば、悪いレビューもある。

そんなスタンスです。

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

Googleマイビジネスのクチコミの中には判断に困る投稿があります。

何もコメントがなく、ただ星の評価だけ。しかも、☆一つだけと言うパターンです。


時々ある星だけ投稿

これ、つける側は何とも思っていませんが、つけられた側は気になるものですよね。

嫌がらせ、妬みの場合も多い

コメントもなく悪い評価。星が一つや二つの場合、何とも答えようがないですよね。

何を気に入らなかったのか。どこを改善すれば良いのか。

全くわかりません。

悪いクチコミに引っ張られてはいけないと常々言っていますが、星評価だけ悪くてコメントのない場合はもらいはじめ(初めてくらった時)はただただショックなだけですよね。

つけられた側の痛みはわからない。

そういった人がコメントしているわけです。

気にしないようにする。無視する。

これで良いです。

特にGoogleマイビジネスの場合、ローカルガイドでなければ意見、評価としての重みもありません。


投稿者がローカルガイドであるか否か

実名顔出しのローカルガイドであればなお良いです。

海外では実名が普通です。ハンドルネームや偽名を使っているケースはあまり見かけません。


海外のGoogleマイビジネス
はとても参考になります

実名顔写真入りが多く、時々入ってくる日本人のクチコミはハンドルネームだったり、顔写真がないのが目につきます。

先ほどの


一応ちゃんとした名前だけど
他にレビューはない

といった書き込みは、作為的に簡単に行えます。

Googleアカウントを複数作り、1人がたくさんの悪いクチコミを書きこむことも可能なわけです。

物理的にそういった行為が可能なクチコミにイチイチ心を奪われていてはいけません。

そもそも、嫌がらせや妬みでこういった投稿をする人は、お店側が嫌な気分になるのが一番の目的なのですから。

大切なのは顔の見える投稿

実際、私の宿でもローカルガイドでなくても投稿はあります。

数日前にご宿泊いただいたお客様が実名で書きこんで下さる、ということも多いです。

流石に宿泊したばかりのお客様から実名でクチコミが入ったら嘘はありませんよね。

最近はこれが増えています。

理由はandroidのスマホだと、立ち寄った先のクチコミを促すポップアップが定期的にスマートフォンに出るからなんですね。


AndroidはGoogleが開発している

実名で良い評価をして下さるお客様が増えています。

私たちが大切にしないといけないのは

実名で良い評価をして下さったお客様

です。

ローカルガイドでなくてもわかりますよね、そういった投稿って。

悪いクチコミ、低い評価が入ったからとクチコミサイトから目を背けるのは、良い評価をして下さった大切なお客様からも目を背けることになります。

悪い評価は無視してOKです。

コメントがあったとしても、悪意があるか、自分の宿・お店にあわなかったお客様に過ぎません。

Googleマイビジネスで星☆一つや二つだけ投稿での低い評価は無視してよいのです。

そこに心を持っていかれないように。

いつまでも引きずられないようにしましょうね。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

Googleマイビジネス講座のお知らせ

★大阪市開催
2018年11月7日(水) 19:00〜21:00
場所:大阪産業創造館 6階 会議室AB

詳細はこちら
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=26610

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする