伊勢神宮参拝の宿泊先に「神宮会館」を選んだ理由

Pocket

お伊勢さんに参拝へ行き、ビックリしたのはおかげ横丁やおはらい町はとにかく全体的に安い!!

ソフトクリームが300円、カキ氷が350円。

豆腐ドーナツもコロッケも100円。


豚捨のコロッケ、メンチカツ、串カツ

そのリーズナブルな価格設定にビックリしました。

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

到着した12日は雨の日でした。


雨でもすごい人でした!!

お参りが目的の場所ではありますので、リピーターさんが多いのでしょう。いわゆる観光地価格ではなく、また立ち寄りたくなる価格設定の店が多いですね。

行き帰りに立ち寄ったサービスエリアのファーストフードよりも、安い価格帯だったと思います。

平日の閑散期、雨の日にこんなに人が多いなんて・・・。

伊勢神宮に参拝する前からそのパワーに驚きました。

宿泊先に「神宮会館」を選んだ理由

今回宿泊したのは神宮会館というおかげ横丁すぐ側、内宮に最も近い宿をとりました。バストイレなし、食事は広間で全てのお客様が共同の宿です。1泊2食9千円。お料理も普通。あ、美味しかったですよ。でも、特に特徴的ではありません。


夕食はこんな感じ

どの従業員も接客はすごく良かったです。そして私たち夫婦がこの宿を選んだ一番の理由。


ガイド付早朝参拝があるのです!!

この早朝参拝に参加するのが目的でこの宿を選びました。

朝6時半に出発。8時ごろに帰ってきてから朝食のツアーです。

早朝のお伊勢さんの美しさをご存知ですか

というポスターがありましたが・・・

いや、ホンマにヤバいですって!!


スマホで撮ってこんな感じ

光が差し込む神々しい道を歩きます。


早朝参拝ガイド付ツアーに参加の人たちと

ガイドさんにお話を伺いました。

早朝ガイドツアーは1名のガイドに付最大25名まで。多い時には4組に分かれることもあるそうです。

ということは100人のガイドツアーになることもあるということですね!!

このガイド付早朝参拝ツアー。無料なのです。宿泊者ならば、申し込めば参加できます。かなーり詳しく伊勢神宮について教えてもらえます。

伊勢神宮のガイドさんと言えば、まさに神語り。「香美がたり」を運営している者としては興味深いところです。

ガイドは何人ぐらいいらっしゃるんですか?

と聞いたところ、

従業員は全員ガイドができます

との事でした。

すごい!!

早朝参拝の価値

早朝参拝は朝の清々しい空気を吸いながら参拝できます。しかも、ガイド付です。


閑散としたおはらいまちも貴重ですね

早朝参拝の価値はそれだけではありません。

まず、8時の朝食の時点で内宮については詳しくなれている。

6時半から参拝するわけですから、時間を効率的に使えます。

日中だと、様々なガイドさんとすれ違います。

でも、早朝ガイドをして下さるのは神宮会館だけではないでしょうか。

まさに、内宮に一番近い徒歩圏内の宿だからこそできることです。

更にはチェックアウトの際、フロントか売店にガイドして下さったスタッフさんがいらっしゃいます。

宿やお土産屋さんに行った際、名前って忘れてますよね。食事内容も忘れているかも。でも、スタッフさんの顔って意外と覚えているものです。

特に1時間半も一緒に歩いてガイドしてもらったのですから。

「人」の記憶を残すってとても大切です。

1泊2食9千円。トイレもバスもないお部屋で食事も共同。でも、早朝参拝のガイドツアー付だとすれば安すぎると私は感じました。

来年もお伊勢さんに来るならば、また神宮会館に泊まって早朝参拝に参加したいと思います。

自分の宿、お店に置き換えて考えてみて下さいね。

価値って設備や食事以外にもつけられることってあるんですよね。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする