「北海道ガーデン街道」から「観光」を「プロディース」することを学ぶ

セミナー・講演会聴講

皆さん、今Twitterでバズっているミルク飲みが豪快すぎるヤギってご存知ですか?

こちらです。

 

 

実は、このヤギのいる「千年の森」をはじめとする北海道ガーデン街道の仕掛け人、北海道ホテルの社長でもある林克彦さんのお話をZOOMにてお聞きすることができました。


ZOOMにて北海道とつないで♪

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

皆さんは「北海道ガーデン街道」って知ってますか?


北海道ガーデン街道とは?!

大雪―富良野―十勝を結ぶ250kmの中、8つのガーデンをつなげたルートのことです。

ドイツのロマンチック街道のようなイメージで、北海道ガーデン街道をメジャー化させようとPRされています。

北海道ガーデン街道
北海道の代表的な美しい8つのガーデンが 集中している、大雪~富良野~十勝を結ぶ全長約250kmの街道です。北海道のおすすめスポットや自然を満喫できるスポット、ホテルやランチの情報も満載。

この取り組みの中からの気づきを3つご紹介させていただきますね。

民間からスタートしたことのメリット

250kmというと、山陰海岸ジオパークの約2倍の総距離です。私の中ではかなり広域のイメージですが、林さん曰く、車で3時間ほどは観光客にとって行動範囲。2、3泊してもらわないと地域にお金が落ちないという点でも250kmあることはむしろ理想。

とのことでした。

「山陰海岸ジオパークは広域だから難しい」

と思っていた私は、考え方を改めないといけないと思いました。

 

ただ、山陰海岸ジオパークは行政主導で始まっている。北海道ガーデン街道は民間主導で始まっています。

当初観光協会に期待した時もあったそうなのですが、地域ごとの予算で活動している観光協会は、他の地域のPRを行うのは難しく、なかなか足並みが揃わなかったそうです。だからこそ、民間で動いたのがスピードの面でも正解。


民間主導で行政や観光協会がバックアップ!

ガーデン街道チケット

8つあるガーデンをどのように周遊してもらうか。ポイントは宿泊してもらうために4施設共通券を販売されました。8施設全てを回遊するのは難しい。かといって単発で回ってもらうのでは一見さんが増えてしまう。

そこで、4施設周遊できるチケットを作ったそうです。

北海道ガーデン街道チケット | 北海道ガーデン
各ガーデンの入場料が800円~1000円ですが、北海道ガーデン街道チケットは、北海道ガーデン街道の8つのガーデンの中から、お好きな4ガーデンに2200円で入場出来る、便利でお得なチケットです。


「周遊を促す」ってとても大切ですよね

ガーデニングはファンが多い。私自身規模は全く違いますが、オープンガーデンを開催している集落に住んでいますので、こう行った取り組みはとても興味深かったです。

ガーデンに来たい人は豚丼を食べない

あと、私が一番感銘を受けたお話。

ガーデン街道に来る人で多いのは、50〜70代の女性。しかも比較的上品なお客様層です。

ツアープログラムを組む際、地域としてはどうしても郷土料理、B級グルメを入れたくなります。でも、こう行ったお客様層は帯広名物「豚丼」を食べることは求められていません。

これ、ツアープログラムを作る人にとってはとても大切な視点。

名物だから入れよう、という発想をしてしまいがちですが、それよりも大切なのはお客様が何を求めているかということ。

このお客様視点、言われてみればその通りですが、見失いがちな視点です。

以上、地域として大きな観光地を短期間で作り上げた人ならではの実践に基づいた説得力のある数々のお話を伺うことができました。

「観光」を「プロディース」するということ。

今日と明日、あと2日がっつり学びます!!

 

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

 

 

タイトルとURLをコピーしました