地域でマーケティングのできる組織を作る〜気仙沼DMO小松志大氏ZOOM講演からの気づき

Pocket

人口減、経済縮小していく中で、お客様はどんどん来なくなっていきます。お客様を呼び込むのに、個々の事業者の集客努力だけでは限界があります。

地域全体でマーケティングを行わなければなりません。では、そう言った組織ってありますか?行政?商工会?観光協会?

「マーケティングを行う」とはどういうことでしょうか。

データを収集し、分析に基づいた効果的な行動をする。PDCAを回すことです。

では、それを実際に行動できている地域、自治体、団体ってあるのでしょうか。

今回はそんなヒントを得られたZOOM講演からの気づきです。


地域全体でマーケティングを行う本質的なお話です

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

和歌山大学夏期集中講座。今日ご紹介するのは、気仙沼DMO小松志大さんのZOOM講演です。


気仙沼DMOの実践例!!

日本に数あるDMO。

日本版DMOはなかなかうまくいかないケースが多いと言われています。実際、

「うまく行っているDMOってあるの?」

って聞かれた時に、具体的に名前をあげるのは難しいです。

そんな中、ここはうまくいくのではないか、という話をよく耳にするのが気仙沼DMOこと、一般社団法人気仙沼地域戦略。

その中心人物である小松志大さんのお話はとても参考になるお話でした。

なぜ、日本版DMOはうまくいかないのか?

そもそも、日本版DMOはなぜうまくいかないのでしょうか。2つあると思います。

一つは、まず「DMO=交流促進」であるにも関わらず、実際には交流が促進されていないという点。

DMOとは、観光協会、商工会、漁協、農協などの各種団体と民間事業者が連携して地域全体の経済を底上げしていくために知恵を絞るべきプラットフォームです。


観光庁の資料より

「観光による地方創生」がクローズアップされがちですが、別に観光で最も効果を上げなくても、地域外への物販の販売や市民間での売買循環で地域内経済循環率が高くなっても良いわけです。

事実、気仙沼市は観光が主要な産業ではありません。地域内経済循環率を高める活動を行う。そのための活動として交流促進を高めることに重点を置いている。お話を聞いていてそんな印象を受けました。

自分の地域や周辺市町を見ていても感じるところがあります。

各種団体の力関係は市町によって様々。民間企業や民間人、政財界における力関係もあります。

それらをフラットな状況で話し合いの場を持つのはとても難しいです。DMOがうまくいかない大きな要因は「フラットな交流促進ができない」ことに問題があると私は感じています。

そしてもう一つはデータ、数字で議論ができていないこと。先に述べたように地域振興においては影響力の強すぎる団体や企業、個人の方などがいらっしゃいます。

その団体や人の存在が良い悪いは別にして、影響力のある人がデータに基づかない感情論での意思決定をした際に反論できないという問題があります。

DMOにおける意思決定は、データを活用した地域におけるベストな決定を行うことが必要。そのためにはデータを収集する仕組みを構築しなければなりませんし、分析できる人材を育てなければなりません。

さて、このデータ分析。データを出すことがゴールになって行っていて、データからPDCAを回す流れになっていないことが非常に多い。

これまで行政や各種団体で遂行してきたプロジェクトはそうなることが多かった。

DMOはデータを活用した実践と結果が求められます。

気仙沼DMOが他のDMOと異なり、一歩先を行っていると感じる点。

それは、

データを元に動ける実働メンバーで構成したこと。


「気仙沼地域戦略」が実働部隊を担う

従来のように感情や感覚で否定してくる影響力のある方に対しても、データを活用することで明確に否定できる状況を作り出せたこと。

この2点です。

既にこの2年間で地域ポイントカード(気仙沼クルーカード)やアンケートにより、大量のデータが集まっている。今後は分析とそこから導き出した「行動」に移行していく段階に入っていく。

過去の地域振興の取り組みでよくある失敗事例を打破する仕組みがしっかりと組み込まれています。

影響力のある団体や個人の感情的な意見に流されてしまわない”場”作りと人材育成。明確な方向性を示せるデータ収集。

DMOが単なる補助金目的の短期プロジェクトとなってしまわないように。

地域でフラットな交流促進を行なった上で、マーケティングのできる組織を作るのがDMO本来の目的です。

DMOのあるべき姿。

地域振興で押さえて置かなければならない点が可視化されてきました。

今日の講義が最終日。

更に理解を深め、今後どう行動すれば良いのかを明確にさせたいと思います。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする