外国人でも日本人でも良い「クチコミ」を増やすことが集客における一番の近道になっている | Com Support Office Adviser Gaku

外国人でも日本人でも良い「クチコミ」を増やすことが集客における一番の近道になっている

Pocket

旅行業を仕事にしている場合は、自分も旅行してみる。

そこでお客様視点での様々な気づきが得られます。

昨日のブログ記事、自分が旅先でGoogleを活用してみるというのはホント勉強になりました。

レンタカーのカーナビが古かったというのもあります(笑)。

スマホファースト時代、どこへ出かけてもスマートフォンがあれば情報は取り出せます。

昨日のブログはこちら↓↓↓

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

さて、良いお話ばかりでなく、旧態依然とした観光地を目にしたお話もさせて頂きますね。

自分の地域もこうなってはいないか。

そんな風に我に返ってみる必要もあります。

さびれた観光地で感じたこと

以前は観光バスなどがたくさん入り、お土産屋さんがたくさん並んでいてとても賑わった観光地。

6月の閑散期ということもあるのでしょうか。半分ぐらいはシャッターが閉まっていました。私たち夫婦以外の観光客はバスツアーで来た外国人観光客のみ。遊歩道を歩いていると日本語以外の言語を耳にすることの方が多かったです。

何軒かやっているお土産屋さんで目立ったのはプレミアム焼酎を販売しているお店。

それがお店の「ウリ」の前面に出ている。

魔王1本〇千円、森伊蔵〇万円、とか。

私自身は昨日もお話した通り、この日朝一番に酒屋さんで焼酎のまとめ買いをしていたので興味はありませんでした。

そもそも、プレミアム焼酎と言っても、今の時代プレミア価格自体が下がっていますし、簡単に入手できるものも出てきています。

価格.comでプレミアム焼酎の比較サイトができているので、定価以上で購入するならば、別に鹿児島で購入する必要はありません。


kakaku.com「プレミアム焼酎」より

実感として感じたのは、本州で販売されているプレミアム焼酎の価格よりも高い。いわゆるお土産屋さん価格です。

ネット全盛の今の時代、プレミアム焼酎をお土産屋さんのメイン商品に据えている時点で時代遅れ感がハンパないです。

逆に、私はちゃんとした酒屋さんで今のトレンドをしっかり把握し、説明を受けた上で購入できたことに旅先でのお買い物に対する満足感がより高まったのは言うまでもありません。


プレミアム焼酎よりも自分にあったお酒に
出会えることが旅の楽しさ

未だプレミアム焼酎を「ウリ」にしている販売手法から、次回ここを訪れた時にお土産屋さんの数が更に半分になっているんだろうなぁ~って実感しました。

外国人個人客を多く集めている観光地や施設もあった

今、インバウンドがどんどん伸びています。

特にアジア系の団体旅行客。

今回私も有名観光地に行くたびに数多く遭遇しました。

それはそれで悪いことではありません。

昔、日本の観光産業は団体旅行で成り立っていました。

私たちのような小さな民宿でも昔は「カニの社員旅行でこの日は一組様貸切」なんて日もありました。

日本人が団体客で消費しなくなってきたので、施設をそのままの状態で外国人受け入れにシフトした。

ザックリ言うとそんな感じです。


団体旅行は外国人旅行がけん引している

いわゆる「外国人入れ込み数」はこういった外国人団体旅行が大きなウエイトを占めていると考えられます。

ただ、いわゆる穴場的な地に個人客の外国人がいらっしゃるのも目にしました。


例えば桜島の埋没鳥居

ここで私たち夫婦以外に2組の観光客がいらっしゃいましたが、どちらも外国人個人客でした。

なぜ、外国人がこのような穴場観光スポットに来るのか?


トリップアドバイザーのエクセレンス認証
を受けていました!!


指宿の砂むし会館「砂楽」も・・・


トリップアドバイザーの
エクセレンス認証

実際、私たち夫婦が行った時、砂楽さんは7~8割ぐらいが外国人でした。

施設の方に伺ったところ、普段は外国人が2割ぐらい、とのことですので、繁忙期は日本人8割、閑散期は外国人8割、となっているのかもしれませんね。

いずれにせよ団体客ではなく、個人客で外国人誘客のできているところは、トリップアドバイザーのエクセレンス認証がマストなんだな、と実感しました。


黒豚のおいしかったお店も私たち夫婦以外
外国人の方が多かったです

クチコミでの高評価は集客に大きな影響を与える

今のままの設備、販売手法はそのままで、団体観光客のバス頼みの集客を続けていくか。個人客でもコツコツと来てもらえる新たな流れを作るか。

インバウンドの場合、トリップアドバイザーでエクセレンス認証を得るのは非常に良い手段となっています。

では、日本人の場合は?

私はGoogleのクチコミだと感じています。


クチコミでの高評価は
集客に大きな影響を与える

クチコミから逃れることは出来ない時代になりました。

このことは国籍関係ありません。

人は評判の良いお店や施設に行く。

時代が変わっても変わらないことです。

さびれた観光地と元気な観光地を同時に見て、クチコミが集客に与える影響力を強く実感しました。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

Googleマイビジネス講座のお知らせ

★豊岡市開催
2018年6月19日(火) 19:00〜21:00

詳細はこちら
https://kokucheese.com/event/index/520635/

★京都市開催
2018年7月18日(水) 14:00〜16:00 

詳細はこちら
https://kokucheese.com/event/index/523938/

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする