ホームページよりも予約サイトよりもGoogleマイビジネスが重要、SNSよりもインフラになっている

SNS・WEB全般

Googleマイビジネスの1月度の結果が送られてきました。


私の宿のデータです。

別に隠すほどのデータでもないので公開します。

私はなかなか衝撃的なデータだと思うのですが、皆さんどう思いますか?

 

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

 

Googleマイビジネスへのユーザーアクセスはとても重要

まず、このデータ。他のお宿さんのデータと比べてみたことがないので、多いのか少ないのかわかりません。あくまで私の宿の規模でこれぐらいのアクセスがあるんだ、ということからの感想です。

もう一度データをご確認下さい。

1か月の認識数は43992人。

1日当たり141.9人。

Googleで屋号検索して下さっている人数の目安と言えます。

昨日もお話した通り、今や国内検索の7割がGoogleです。

宿の存在を認識して下さっている方の人数であり、自身が発信したブログやSNSとはまた違った動線(友達の紹介、評判を聞いて等)からのアクセスと考えられます。

この数、多いと思いますか?少ないと思いますか?

私は8室の小規模旅館ということを考えるととても多いと思います。

そのうちWebサイトへ訪れた人はわずか274人。

この数字から3つのことが言えます。

・Webサイト(ホームページ)を見る人は少ない。

・屋号検索はWebサイトへ行くためのものではなくなっている。

更に言えば、

・Googleはもはや自社公式サイトへの動線にはなっていない。

実際、かどやの表示を見てみると・・・


こんな感じでPC右上に表示されます

スマートフォンの場合も見た目はほぼ同じですが、「電話」タップができるバナーが登場しています。


かどやのスマホ版
Googleマイビジネス

先ほどの1月度のデータよりここをタップして電話された方が21人いらしたということがわかります。

公式Webサイトへ行かなくてもGoogleマイビジネスで完結できるのです。

なぜ、公式Webサイトへ行く人が少ないのか。

私の宿の場合、1日10人いないのです。(1か月274人、1日当たり8.8人)

ズバリ、行く必要がないからです。

Googleマイビジネスの自社紹介をもう一度よく見て下さい。

写真・クチコミ・予約動線が全てここで完結して確認できる

宿泊予約サイトに行かなくてもクチコミは見ることが出来てしまいます。

写真はフォトギャラリーになっており、予約動線も経路案内もあります。わざわざ公式サイトを確認しなくても良くなってきています。

ここでもクチコミの重要性、しかもGoogleへのクチコミが放置できなくなってきていることが分かります。

いずれにせよ、公式サイト、ホームページがいらなくなってきているのはアクセス数からもお分かりいただけると思います。

自社予約ではなくOTA予約に流れて行ってしまっている

更に問題なこと。予約動線が自社サイト、自社予約ではなくOTAに紐づけられています。


私の宿の場合は
唯一参画している楽天トラベルに紐づけ

現時点で楽天トラベルは最も手数料の低い宿泊予約サイトです。(A契約の場合。次回リニューアルでじゃらんnetとほぼ同じ手数料になる)

楽天トラベルやじゃらんnetよりも手数料が高いのが海外OTAです。

もしも海外OTAに部屋提供をされている場合、


海外OTAへの予約動線優先
になってしまいます!

これに関しては以下で説明した通りです。

私が海外OTAのBooking.comやExpediaに登録していない理由~Googleマイビジネスの問題点
地方の観光業において、インバウンド対策(外国人の受け入れ)は重要です。 外国人対策と言えば、海外OTA(予約サイト)へ...

お客様に紹介していただいたり、SNSで話題になったりしても、Google検索でGoogleマイビジネスでチェック、空き部屋確認は自動的に海外OTAへという手数料の一番高く、更にはノーショーリスクが最も高い予約サイトからお客様が入ってきてしまうのです。

 

Googleマイビジネスは最早インフラである

また、私が更にビックリしたのは、GoogleMapsのアクセスが374件もあったこと。


1日11.5人の人が
ルート検索されている

これってすごい多いと思いませんか?

実際に検討している人、既に予約されている人の活用です。

当館のひと月当たりの宿泊組数はザックリ言って約100組です。

ひと月に100組しか泊まれない宿にひと月357件のルート検索が入っています。

Webサイトへのアクセスならばともかく、流石にこの部分を同業他社や業者さんが頻繁にチェックされていることは考えにくいです。

何が言いたいかというと、

Googleマイビジネスは最早インフラである

ということ。

無視できない存在。

どんなにSNSで評判になっても、アナログなクチコミでコツコツと良い評判が広まって行っても、スマホで検索されてGoogleマイビジネスの自社案内を最初に見られるということです。

自社サイトではなく、Googleマイビジネスファースト

なのです。

SNSと同じか、SNSよりも重要かもしれません。

このことを認識しておくことです。

本当はGoogleが、GoogleMapsがそのまま予約サイトを運営するのが最も脅威になりますが、それはないと考えています。

なぜなら、Googleは広告による収益がモデルですから。

海外OTA優先に動線が引かれているのは、海外OTAがたくさんの広告費用をかけているからです。

さてさて。Googleマイビジネスについてどのように手を打っていきますか?

宿業界だけではありません。飲食業者さんは特に重要です。

飲食業さんにはこちらがわかりやすいです。

経営者はgoogleマップの集客力を知らなすぎる問題
下手なホームページ制作よりgoogleマップが重要 2018年になってチラホラとgoogleマップの集客力が凄い、という話が増えてきました。しかし、中小企業や、小さなお店のオーナーの多くが、...

楽天トラベルのサイトリニューアルと共に、私自身今年のテーマの一つになると思っています。

コムサポートブログを書いている人
ガク&ヒロコ

私たち夫婦は、兵庫県の日本海側・豊岡市を本拠地に、全国の小さなお宿やお店の集客問題の解決に取り組んでいるコンサルティング事務所「コムサポートオフィス」を運営しています。私たちが実践して培ったノウハウや日々の実践例を、この公式ブログでお伝えしています。なお、ブログネタは宿に限らず、一般の事業者向けのものも多いです。

ガク&ヒロコをフォローする
SNS・WEB全般マーケティング宿泊施設の集客
ガク&ヒロコをフォローする
コムサポートオフィスブログ

コメント

  1. […] まさに自社殺し。そこ(自社予約エンジン)に流れても、メタサーチにとっては全くメリットがありませんので。最近のGoogle Mapsのメタサーチ的な動きも同様です。⇒お友達のハマちゃんが詳しく書いています。⇒お友達のガクさんも、昨日書いています。なので、今回のDRSやYahoo!の取り組みがそこなんです。そして海外OTAの戦略とはなんぞや?気にかけた事ありますか?(戦略と言う言葉を使いたくないですが、今回敢えて分かりやすいので使います)実は海外OTAは手数料が高い分、薄利多売でもどんどんメタサーチに露出して行ける体力がある事こそが戦略なのです。海外メタサーチが蔓延し、そこに海外OTAが強気で露出をかける。事前決済が主なagodaなんかは場合によって、手数料12%の中から半分ほどメタサーチに支払ってでも、最安値でメタサーチに露出をするようにしてますからね。 […]

タイトルとURLをコピーしました