宿商売は季節商売だから資金繰りが大変。大変な時、私はどうしたか

マーケティング

年末年始、多くの宿泊施設で繁忙期に突入ですね。

私も今年は12月31日、1月1日を休館日にするとはいえ、12月30日まではフルスロットルで頑張ります!!

1年で最も繁忙期となる12月。あとちょっとです!

 

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

さて、お友達の川嶋さんがUPされていましたが、年明けから楽天トラベルさんが全国行脚の説明会をされるそうです。

全ては2018.1/30に情報開示!?│楽天トラベルが4年振りに全国行脚の説明会を実施
「サイトリニューアル」、そして「それに伴う各種変更点について」の説明とは言うモノの…本日、楽天トラベルからこの…


私のところにも来ています

「サイトリニューアルについて」とあります。

楽天トラベルカンファレンスが1,2月にありますので、そこでやればいいのに、と思いましたが、わざわざ全国で行うということは、何か特別な改変があると考えた方がよさそうです。


うーん。金曜日は避けてほしかったf^^;

しかもこの週、2月6日に大阪帝国ホテルで楽天トラベル 新春カンファレンス2018があるのに、2月9日て・・・(苦笑)

予約サイト2強が金融サービスですって!!

どんな重大発表があるのか。

先述の川嶋さんのFacebookで半分冗談で私、こんな書き込みをしています。

 

今井 学 ビジネスローンの説明会だったりしてw じゃらんもオンライン融資サービス「パートナーズローン」を始めたので、来年はいわゆる”金貸し”の分野でも本格的なライバル関係になりそうです。なんだかんだ言って宿業界は季節商売なので短期の資金繰りしてほしい施設多いと思いますので。

まあ、冗談なんですけどね(笑)。

ただ、国内宿泊サイト2強である楽天トラベルとじゃらんnetが金融サービスを開始したのも事実です。

楽天、宿泊施設にビジネスローンの提供開始、楽天トラベル参画施設向けに最大1億円
楽天カードが楽天トラベルの国内宿泊施設向けにビジネスローンを開始。訪日受入れの設備改善の課題に対応。融資期間は最長10年、最大1億円まで提供。

楽天カードは、楽天グループのOTA「楽天トラベル」に登録する国内宿泊施設向けに「楽天スーパービジネスローン」の提供を開始した。

施設内の客室やレストラン、浴場施設の改装や老朽設備の入れ替えといった設備投資を目的とするもの。訪日外国人数が急増するなか、宿泊施設にとってはその受入れのための設備改善が課題となっていた。本ローンでは、固定金利3.0%~5.0%、融資期間は最長10年で、融資金額は50万円~最大1億円で提供する。

でもって、じゃらんnet、リクルート側の情報は以下の通り。

リクルート、「じゃらん」参画の宿泊施設に融資をスタート、中小企業への経営支援サービスの第1弾で
リクルートが中小事業者向けの新たな経営支援サービスを開始。第1弾は宿泊業界から。

リクルートホールディングスと子会社のリクルートファインスパートナーズは、中小企業や小規模事業者の経営者を対象に、経営に必要な資源や情報に関するサービス・ソリューション「Partners」を開始する。

まずは、宿泊施設を対象にサービスを提供。旅行予約サービス「じゃらんnet」に参画する施設の事業主に限定し、総合情報提供サービス「Partnersクラブ」とオンライン融資サービス「Partnersローン」を先行的に提供する。

(中略)

Partnersローンは、リクルートファインパートナーズが提供。リクルートグループが保有するビッグデータ解析やAIの活用で与信モデルを構築した独自の融資サービスで、日々の資金ニーズに適切かつタイムリーに資金提供が可能になるという。

スゴイですよね。2強が金融商品でも真っ向勝負(笑)。

ただ、宿泊施設って繁忙期と閑散期を繰り返す季節商売です。設備や従業員を抱えている施設ほど、閑散期の資金繰りが厳しくなる施設さん、多いんじゃないでしょうか。

私も2010年~2012年頃が一番しんどかった。自分の給与もとれないのは勿論、銀行の借金を返していくのも厳しいほど金策に苦しんでいました。

今でも、あの頃のことを思い出すともう二度とあの思いはしたくないと痛切に感じます。

しんどい時にどう行動すればよいか

2010年~2012年。ちょうどこの頃でした。楽天トラベルカレッジに通ってWeb集客を必死に学んでサイトをリニューアルしたり、2013年からはエクスマを学んで集客の仕方を劇的に変えました。

楽天トラベルカレッジって確か1日4万円ぐらいの講習だったと思います。

エクスマセミナーも3万円ぐらいだったかな。

エクスマ実践塾はうん十万円・・・

実は当時、なけなしのお金を全て勉強することにつぎ込みました。


ホント、お金のない時でした・・・

広告を出したり、ネットで流行りものに手を出したり(ちょうどTwitterやFacebookの出始めでした)、色々やっていましたが、焼け石に水。

繁忙期に無理に詰め込んで集客して閑散期に金欠で苦しむ繰り返し。設備って投資すればするほど故障や寿命でまたお金が必要になってで、借金はなかなか減らない・・・。

今の売上推移では永遠に返済できない。いや、返済はできるけど永遠に返済し続ける悪循環に陥ってしまっている感がありました。

そこから抜け出るには”やり方を変える”しかない。”考え方を変える”しかない。

変えるにはそのための手法を学ぶしかないんだ、と判断しました。

今思えば、あの時の自分の判断を褒めたいです。

どうすればよいかと考えた時に、やり方を変えるために学ぼうと思った。

特に高額セミナーに行ったことで、学んだことは必ず実行に移す背水の陣が敷けました。

お金がない時に高額セミナーに行ったのが大逆転の結果につながった。

そんな風に感じています。

このままだと借金が返せない、というのは事業的に失敗なわけです。では、それをどう改善していけばよいのか。

下がっていく売上を設備投資やなけなしのお金を広告宣伝に使っても、一過性の売上アップにしかならないわけで。

思い切ってやり方を変えるには、変える方法を学ぶ。正しい方法を学んで行動に移すのが結果一番近道。

苦しい時に何にお金を使うか。

学んだことを行動に移せるか。

モノじゃなく知識や知恵にお金を投資する。

投資したこと(学んだこと)は必ず実行に移す。

結局私が決断し、実行したのはこの2つです。

出来れば借金はしたくないですよね(笑)。

借金してもやり方を変えなければ資金繰りは改善しない。

借金が増えていくだけです。

やり方を変え、行動できることにお金を使うことが当時の私にとって現状を打破できる唯一の方法でした。

今もってしても、これが正解だったと思います。

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

ん?!楽天トラベルの説明会って何でしょう??

サイトリニューアルに伴い、何らかの制度かシステムが変更になるんでしょうね。わざわざ説明会するぐらいですから、手数料にもかかわってくることでしょう。

融資ローンの説明会ではないでしょう。でも、こんなん始めましたってチラシが配布資料の中には入っているかもしれません(笑)。

 

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

 

 

コムサポートブログを書いている人
ガク&ヒロコ

私たち夫婦は、兵庫県の日本海側・豊岡市を本拠地に、全国の小さなお宿やお店の集客問題の解決に取り組んでいるコンサルティング事務所「コムサポートオフィス」を運営しています。私たちが実践して培ったノウハウや日々の実践例を、この公式ブログでお伝えしています。なお、ブログネタは宿に限らず、一般の事業者向けのものも多いです。

ガク&ヒロコをフォローする
マーケティング田舎のビジネス
ガク&ヒロコをフォローする
コムサポートオフィスブログ
タイトルとURLをコピーしました