宿集客の強力な武器(ツール)になる「サイトコントローラー」って何?

マーケティング

昨日の平日集客のコツ、いかがでしたか?

宿泊施設の集客で繁忙期の平日を埋めるにはどうすればよいか
マーケティングでも集客でもテクニック的なこととベースとして持っておかなければならない考え方の部分があります。 パソコン...


そんな先の集客なんてできないよ!

そんな声が聞こえてきそうです。

ただ、現実問題として、平日を埋めるには週末を埋めること。週末も直近だけでなく、シーズン中全てを埋めないと平日にお客様は入ってこないのです。

この現実を知ってか知らずか何も考えずに集客されている方が多い。

今日はそんな問題を解決する強烈な武器(ツール)についてのお話をしますね。

 

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

部屋の空室在庫管理、料金管理、大変ですよね。昔は電話の横に置いている宿台帳だけで良かったものが、たくさんの予約サイトが登場、登録すればしただけの増返室管理が必要となり、家族経営の宿だと大きな負担になっていると思います。しかも6か月先までとなると・・・

サイトコントローラーって何?

例えば、自社予約、楽天トラベル、じゃらんnet、るるぶトラベル。4つの予約管理を行なおうとしたら、4つの管理画面をあつかえなければなりません。ここに海外OTAであるブッキングドットコムやアゴダ、シートリップ、エクスペディア等も入ってくると、在庫管理が一個人が仕事の片手間ではできなくなってきます。

そこで登場したのがサイトコントローラーです。

契約している予約サイト全てと紐づけさせるだけで(最初に簡単な設定でOK)、一つの管理画面で全ての予約サイトの在庫管理、増返室が可能になったのです。

昔から大手旅行会社との取引のある大型旅館・ホテルでは導入されていたシステムでしたが、予約サイトの増加に伴い、ローコストで運用できるサイトコントローラーが登場していきました。

私は2010年の10月に当時としては破格値の月数千円で出来るルームマネージャーというのを導入しました。


ルームマネージャーの管理画面入口

当時は導入費も高く、月々何万円もしていたシステムでしたので、月々数千円は破格でした。

当時、クラウド型にしたから安くできた、とルームマネージャーを作った会社の社長さんは言われていました。

当時このようなシステムを導入しても増返室が私しかできない小さな宿(今は他にも使えるスタッフはいます)。

在庫管理が一括で出来るだけでなく、外からスマートフォンからもできるというのはホント、素晴らしかったです。(私、2008年に発売されたiPhone3G以降このころ既にスマートフォンを使っていました。新しいもの好きですねf^^;)

3年ほど使っていた頃だったでしょうか。同じくクラウド型のサイトコントローラー「ねっぱん」を運用している会社が楽天トラベルの傘下に入りました。ここで、楽天トラベルはすごい英断を行ったのです。

楽天トラベルに在庫提供している場合は、初期費用や月額利用料が一切無料

としたのです。


ねっぱんについてはこちら

当時既にじゃらんnetよりも楽天トラベルの比率が高くなっていた私の宿は、これを拒否する理由はありません。

全ての売上を楽天トラベルに吸い上げられてしまう、というリスクもありましたが、うちのような小さな宿を個々にチェックすることはないだろう。あくまで小規模旅館の傾向データとしてしか参考にはされないだろうということで、すぐに乗り換えました。


「ねっぱん」の管理画面入口

その後、現在に至るまでサイトコントローラーとしては「ねっぱん」を利用しています。

サイトコントローラーは他にも「手間いらず」「らく通」などがあります。

詳細はこちらが詳しいです。

【最新版!】国内のサイトコントローラーを導入したいとお考えの宿泊施設様へ!
宿泊予約サイトコントローラーの対応サイトと新規お申込みフォームを集めてみましたこんにちは。由布院温泉エリアで旅…

増返室だけでなく、価格設定も!

私は「ねっぱん」しか知らないので、ねっぱんをベースにお話しますね。

お部屋の在庫管理ができるサイトコントローラーですが、どんどん進化していきます。

なんと、価格設定も無料でねっぱん側で出来るようになったのです。


色分けしたタブで価格設定するだけ
これだとすぐにできてミスもしづらい!

更には、ここからは有料になりますが、プラン登録も「かんざしクラウド」という機能を追加すれば、一括で出来るようになります。


詳しくはこちら

在庫管理以外でも各予約サイトの管理画面に入ることはよくあります。その手間なく、ほとんどの作業を一つの画面でできてしまうのです。

ねっぱんを使いこなせれば、各予約サイトの管理画面に入って作業をする工数が大幅に削減されます。

様々な管理画面の操作方法を覚える必要がないのです。「ねっぱん」だけ覚えればOK。しかも利用料無料。


あれ?
でもガクさんの宿は楽天トラベルしかやってないからねっぱん不要ですよね?

私の宿は楽天トラベルと自社サイトも楽天トラベルから提供されているR-withのみです。なのに、「ねっぱん」で在庫や料金を管理・運用しています。

楽天トラベルの管理画面よりもねっぱんの方が使い勝手が良いからです。

詳細お話すると、あるいは使いこなせるようになると

もうサイトコントローラーなしで宿商売はやってられない!

ってなるかもしれません。

詳細は明日、説明しますね。

ねっぱん(サイトコントローラー)について詳しく知りたい方、説明動画もありますよ♪

 

 

4分ほどの動画です~

 

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

タイトルとURLをコピーしました