リアルタイム情報収集はインスタグラムよりもツイッターが便利なので連動しておくのがおススメです

SNS・WEB全般

以前、美味しいお店をチェックしたい時は食べログやRettyでなく、インスタグラム、という記事を目にしたことがありました。

【スマホネイティブ世代】お店を探すときは食べログでもRettyでもなく、インスタでハッシュタグ検索。
スマホネイティブ世代は、どこかに出かけるときはネットを立ち上げずにインスタグラムを起動、ハッシュタグ検索で行き先を探しているようです。食べログやぐるなび、Rettyなどいわゆる口コミサイトを使わないとのこと。

※【スマホネイティブ世代】お店を探すときは食べログでもRettyでもなく、インスタでハッシュタグ検索

ぐるなびや食べログはもう古い!?女子大生は「Instagram」(インスタグラム)で飲食店を探し、雑誌感覚で画像も検索する!
飲食店情報を検索するとき、皆さんはどうするだろうか? ぐるなびや食べログで検索をする、あるいは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを用いることもよくあるはずだ。ここで、「うんうん、そうそう」と思ったあなたは、おじさん化、おばさん化しつつあるのかもしれない。今回はいまどきの女子大生が「Instagram」を検索...

※ぐるなびや食べログはもう古い!? 女子大生は「Instagram」(インスタグラム)で 飲食店を探し、雑誌感覚で画像も検索する!

うんうん。もうそういう時代だよね。

実際、インスタグラムで「ここ、行ってみたいなぁ~」と思うお店を見つけること。増えてきました。食べログの評価や記事よりも、視覚的に自分好みかどうかで判断する方が嘘がない。投稿コメントは自然な言葉でステマではない信頼性がある。そんな時代になってきているのだと思います。

 

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

インスタグラムはリアルタイム検索に弱い!

そんなインスタグラム。確かに「あ、ここ行ってみたい!」と思う画像に出会うことは確かにあります。あるいは、ご無沙汰しているお店がタイムラインにあがってくると「久々に食べたいなぁ~」なんて思うことも。

 

先日、豊岡市でランチをしたプティ・パさん。

例えば、私のこのタイムラインを見て、

「あ、このお店のランチおいしそうだな。今度行ってみよう」

となる場合は確かにあるでしょう。

それがインスタグラムの活用方法。

でも、私はリアルタイム検索がしたい。

例えば今、豊岡市内で美味しいランチが食べたい。どこかいいところないかな?

そう思ってインスタグラムを覗いたとします。

皆さんはそんな美味しいお店をどうやって見つけますか?

例えば、#ランチ #豊岡市 で検索したいとします。


#ランチで検索

この中から豊岡市のお店を取り出したい。


あれ?
「見つかりません」って

そうなんです。実はインスタグラムはハッシュタグ2つでの検索ができないのです。


#を2つでの検索はできない

ツイッターはハッシュタグ2つの検索が可能

それに対してツイッターはハッシュタグ2つの検索が可能です。


複数#検索が可能です♪

これができるということは、「リアルタイム検索=今知りたい」を可能にしてくれるということ。

例えば私が大阪の心斎橋でお昼にラーメンを食べたければ「#ラーメン #心斎橋」で検索すればよいのです。但し、インスタグラムでではありません。ツイッターで検索することです。

インスタグラムは

あ、これおいしそう。覚えておいて今度行こう

です。

あるいは、友人に紹介されたお店が「本当に美味しいのかな?」と思った際、これまでならば食べログ等でクチコミを確認していました。でも今は、インスタグラムのスポット登録で投稿された写真とコメントでクチコミ以上の本音情報を集めることができます。


お店で投稿された写真とコメントを
一覧で見ることができる

インスタグラムの投稿のない、少ないお店は美味しくないお店というイメージを若い人たちは思っているかもしれません。

ただ、この考え方はあくまで、既に店名を知っていること前提でのことしかできません。

ツイッターは

今、知りたい。知らない情報を今、検索してみよう

です。

ツイッターは情報収集ツールとして長けている

と言われる由縁がまさにこういったところにあると思います。

では、インスタグラムをツイッター連動で同時投稿しておけばよいのでしょうか。

確かにやらないよりはやった方が良いです。でも、インスタグラムをツイッターに連動させた場合、画像がリンクとして出てしまい、タイムラインで見ることができません。

 

 

こんな感じの投稿になります。スポット登録も連動されているのですが、画像がリンクになっているのは残念ですよね。

「IFTTT」というアプリを使おう!

実は、インスタグラムの投稿をツイッターに連動させた際、写真付きにすることのできるアプリがあります。

アプリをダウンロードするには

androidをお使いの方はgoogleplayにて「IFTTT」で検索
iPhoneをお使いの方はAppStoreにて「IFTTT」を検索。

アプリの使い方は「IFTTT ツイッター」で検索して下さい。

このアプリで連動しておけば、インスタグラムで投稿をすると自動的にツイッターにも画像付きで投稿されます。

以下のような感じです。

 

残念ながら、画像は出ますがスポット登録は出ません。なので、「ハッシュタグ+店名」を入れておいても良いかも・・・。ift.tt/のインスタグラムへのリンクurlがつきますので、そちらに飛んでスポット確認してもらう形にもあろうかと思います。

インスタグラムをツイッター連動させたときに

スポットがリンクされるけど画像が出ない。

画像は出るけどスポット登録のリンクが出ない。

どちらかになってしまいますが、まずは気を留めてもらう、選んでもらうことを考えると画像優先ですよね。

なのでこの「IFTTT」というアプリ、おススメです。

画像もスポット登録もどちらもツイッターで見られるアプリがあれば良いのですが・・・

いや、それ以前にインスタグラムでハッシュタグ2つ同時検索ができればよいのですよね。

以前はそんなアプリもあったようですが、現在はないみたいです。

この辺は進化を待ちたいところです。

SNSを情報収集に活用するという発想

インスタグラムやツイッターを情報収集で使うという発想。若い方は当たり前のように活用されています。ヤラセ記事よりも写真で、自分の感性で選ぶ。

でも、実際にどうやって選んでいるんだろうって考えたのです。実際に自分がやってみて出た結論は

インスタグラム

・・・将来訪れるために気になったお店をストックしておく。
あるいは気になるお店をチェックするのに活用

ツイッター

・・・今食べたい、をリアルタイムに調べる

ということ。


プティ・パさんは人気店なので思い付きで
急に行っても満席の場合が!!
インスタグラムでストックタイプかな

お店側の立場としては写真がスポット登録付で拡散された方が良いですよね。でも、それ以前にまずは写真が拡散されていった方が良いと思います。

検索機能の高いのはツイッター。そんなツイッターに画像付きでインスタグラムの投稿がアップされるのは、良いことです。

どんどん画像投稿をしてもらう仕組みを作りましょう。お店が投稿する場合も、インスタだけでなく、ツイッター投稿も忘れずに。同時投稿ならば画像付きがおススメです。

ハッシュタグはインスタグラムは30個近くつけられますが、連動した際ツイッターの140文字制限にひっかかります。ハッシュタグは5,6個ぐらいにとどめておくことがおススメ。そこに「地域名+料理名」あるいは「ランチ」といったキーワードを入れる事を忘れないようにしましょう。

 

今、インスタグラムが無茶苦茶熱いです!!でも、事業者さんがされるのであれば、最悪画像連動投稿だけでも良いので、ツイッターも一緒にやった方が良いのではないか、と感じています。

 

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

タイトルとURLをコピーしました