北近畿経済新聞社コラム連載「集客UP講座」〜vol.6『悪質業者の勧誘に注意』

北近畿経済新聞7月21日号コラム Googleマイビジネス

週末ブロガー、コムサポートオフィス代表の今井ひろこです。

地元の経済新聞「北近畿経済新聞」へのコラムですが、6回目になりました。

この新聞は月3回発行され、中小零細事業者から大きな会社、銀行さん、商工団体にも読まれている経済専門の新聞です。小さなお店の新商品から、デカい億単位の話まで、京都府北部(丹後)と兵庫県北部(但馬)のいわゆる「北近畿」をベースに経済ニュースを載せています。

今回も夫婦で合作したコラムですが、今回は悪質MEO業者対策として緊急的な内容にしました。

第6回目『悪質業者の勧誘に注意 〜グーグルマイビジネスの適正な運用を〜』

合計850文字になるのですが、ほぼ全文掲載しますね。

北近畿経済新聞7月21日号コラム

北近畿経済新聞連載コラム 2019年7月21日号

******

グーグルに自分のお店情報を登録・表示できるサービス、グーグルマイビジネス。今まで載っていたのに、ある日突然、グーグルから情報が消え、アカウントが利用停止になる事例が増えています。皆さんのお店・宿は大丈夫ですか?

利用停止になった店舗経営者の共通点は、「MEO対策していますか?検索上位に表示させますよ」という悪質な業者からの営業電話を信用し、グーグルマイビジネスの運用を任せたケースです。

グーグル検索では地図と共にお店の情報が自社サイトより上位に表示されます。特にスマホ利用が増えるにつれ地図情報は重要になっています。ネットで検索したら自分の店が上位に表示されてほしい。しかし、グーグルマップへの上位掲載(=MEO対策)と称して、グーグルマイビジネスのガイドライン違反を犯してまで検索上位に表示させようとする事例が後を絶ちません。

例えば、グーグルマイビジネスに登録する店名は、過剰に言葉を付け足すことが禁止されています。弊社の場合、「集客でお悩みなら豊岡のコムサポートオフィス」と店名を盛ってはいけません。店名のみが原則です。

小手先のテクニックで表示順位を上げることはできません。特にグーグルマップ情報は、検索者が調べる場所からの距離の近さが順位に影響するため、いつでも一位に表示させるのは不可能です。上位表示させたいのなら、良質なクチコミを数多く頂くことです。

もし、悪質業者に依頼して上位表示ができたとしても、違反が悪質と見なされた場合、その業者が管理していた全店舗の情報が一斉にグーグルから削除されます。一旦そうなると、情報の復旧にはかなりの日数と工数がかかります。

最近、都会でやっていけなくなった悪質な業者が、地方の宿泊施設、飲食店、整骨院やサロン、美容院などをターゲットに、MEO対策を勧誘しています。そういう悪質な業者の多くは、電話で営業をしてきます。もし運用を外注する場合は、弊社のようなグーグルマイビジネスの登録代理店か、依頼する際に業者の実績とグーグルマイビジネス情報をWebにてご確認下さい。

ところで。Googleマイビジネス登録代行サービスのご案内

お知らせを今回も。Googleマイビジネスへの登録は最初の設定が大事です。作業費を頂戴し、登録代行サービスを行っています。登録後の管理は各自でお願いしていますが、設定後管理で特にクチコミの返信文を考える(特にネガティブなものの場合)などの高度な管理も行っていますので、別途ご相談下さい。

なお、作業量、店舗数により費用はご相談に応じています。

詳しくは、こちらのサイトをご覧下さい。

Googleマイビジネス設定代行(別サイトBaseへ飛びます)

*******************************************************

メルマガでも骨太コンテンツ配信中♪


メルマガサンプル、ぜひお読み下さい!
※上記画像をクリックすれば
サンプルリストのページへ飛びます

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

リニューアルした公式サイト、ぜひご覧ください!!


https://www.com-support-co.jp/

 

タイトルとURLをコピーしました