エピソードを加えると文章の説得力が向上する〜赤羽博之師匠の伝わる文章講座より

セミナー・講演会聴講

「文章は具体的な数字を入れると伝わりやすくなる」

という鉄板ノウハウがあります。昨朝の夫婦の会話。

タイトル「リケジョ妻」

ひろこ
ひろこ

今朝のお味噌汁、500ml作ったから多めに入ってるよ。

ガク
ガク

いや、500mlがよくわからないし!

ひろこ
ひろこ

お味噌汁は1杯180mlぐらいだけらいつもより多いの。

ガク
ガク

(心の声)それ、数字で言わなくても「いつもより多めに作ったから」でいいんじゃ・・・

必ずしも、具体的な数字だから伝わりやすいということではありません!!


昨日のお味噌汁

おはようございます!普段は民宿の経営者兼看板親父♪
コムサポートオフィス副代表のガク(@kasumi_kadoya)です!

さて、文章講座に行ってきたのですから、ちゃんと文章講座として、赤羽師匠の高座からの気づき、学びもフィードバックしたいと思います。


毎回異なる厚めのオリジナルテキスト♪

文章を増やしたいがネタがない!?

昨日のブログで以下のエピソードを書いています。

まーきーさん主催「赤羽博之師匠の伝わる文章講座」in淡路島に参加してきました!
講師が気持ちよく講座を開催でき、受講者が合宿中講座に集中し、かつリラックスできる場作り。簡単なようで簡単ではありません。コムサポでも合宿講座やりたいな、と思うと同時に、配慮しなければならない大切なことを気づくことができました。楽しみにしていた淡路島合宿。予想通り、いえ、予想以上に実りある学びの場となりました。

赤羽師匠の文章講座といえば、文章を削ることで本当に言いたいことをあぶり出していく。400文字を200文字へ。200文字を100文字へ。これを5年間トレーニングしたおかげで余分な文言を書いてしまう私の悪習慣が少なくなりました。

しかし、今回初日の夕方に出された課題が何と、文字の増量!!元々の事前課題が「160文字で自己紹介」でした。夜に出され、翌朝提出となった課題が「自己紹介文を240文字にすること」でした。

このような場合、どうすれば良いか。80文字継ぎ足しては絶対に失敗します。400文字ほど書いてそれを削る。

長文引用となりましたが、ワークのイメージ、つきましたでしょうか?文章を削るのではなく、増やす!でもそのコツは、80文字増やすのではなく、課題文字制限の1.5〜2倍以上の文章を書き、削るのが最良の方法になります。文章を増やす理由は「より具体的に書く」ためです。でも、ここで、問題が生じます。

困り顔の女性

文章を足すほどもネタがない・・・

自己紹介などですと、特にそうですよね。もう一つ特技を継ぎ足すか。あるいは既に書いている内容を膨らませるか・・・

安易な継ぎ足しは、全体のバランスを崩してしまうため、なかなか難しいです。でもこれ、とっておきの方法があります。

エピソードを加えてボリュームアップ!

既に簡潔に書いている内容にエピソードを加えるという方法です。自己紹介ですので経歴や現在の職業、趣味などを「〜好き」「〜が得意」という形で書いているはずです。それらの中で、自分さしさをもっとも特徴付けている項目にエピソードを加えるのです。

例えば、私が事前に提出した文章160文字。(宿だけでなく、コムサポートオフィス副代表としての肩書きも加えた自己紹介)

民宿かどや代表。1998年30歳で家業を継ぎ、旅行社頼みからインターネット集客に切り替えるも大苦戦。1億円以上の借金を抱えたが、会社や個人の持つ独自の価値をわかりやすく文章で伝える技術を磨き、借金を完済。当時の自分と同様に苦しむ地方の小規模事業者をサポートするため、現在は妻の営むコンサルタント会社の副代表も務めている。

実は160文字の中で既に私、過去のエピソードを入れていました。

旅行社頼みからインターネット集客に切り替えるも大苦戦。1億円以上の借金を抱えたが

の部分です。

なので、今のエピソードを加えることにしました。加えた上で削って240文字にしたのがこちら。

1998年30歳で家業の民宿を継ぎ、旅行社頼みからインターネット集客に切り替えるも大苦戦。1億円以上の借金を抱えたが、会社や個人の持つ独自の価値を「わかりやすく文章で伝える技術」を磨き、完済。ブログやメルマガ、LINEを定期的に配信してファン層を拡大。お客様から「また帰ってきますね」との声も多く、繁忙期の5ヶ月間は週末平日問わずリピーターを中心に早々に満室になった。以前の自分と同様に借金で苦しむ地方の小さな宿やお店をサポートするため、妻の営むコンサルタント会社の副代表も務めている。

いかがでしょう。この文章は色々と指摘が入り、完璧なものではありませんが、より具体的にイメージできるものになっていると思います。エピソードを加えると文章の説得力が一段と上がるのです。

さて、ここからが赤羽文章講座の真骨頂です。次のお題はこの「240文字を120文字に削る」と言うもの。ここで今回の講座で多くの参加者が学んだ一つの手法を駆使しました。(既にこの240文字の中でも使っていますが)。さて、この文章を半分に削るとしたら、皆さんならばどこを削りますか?

続きは明日。

*******************************************************

メルマガでも骨太コンテンツ配信中♪


メルマガサンプル、ぜひお読み下さい!
※上記画像をクリックすれば
サンプルリストのページへ飛びます

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

リニューアルした公式サイト、ぜひご覧ください!!


https://www.com-support-co.jp/

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました