あなたが一生かけて磨き上げたいスキルって何ですか?

Pocket

突然ですが、あなたは今年一番うれしかったことはなんですか?

振り返ってみると私は・・・

神戸新聞で週1回、1か月間計4回ですが連載のコラムを書かせて頂けたことです!

「カニがもたらす幸福感」〜神戸新聞を読んで21060403より

「仕事に楽しさを」〜神戸新聞を読んで21060410より

「感動を大切に」〜神戸新聞を読んで21060417より

「周辺の頑張りも報道を」〜神戸新聞を読んで21060424より

おはようございます!普段は民宿の親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

実は上記のコラム、お金がいただけたんです。文章を書いてお金をいただく。しかも新聞社に!!いや、お金がいただけたことじゃなくてf^^;

今振り返ってみると、ここ数年頑張ってきたことが身についてきたのかな、と認められた気がして嬉しかったのです。

あなたが一生かけて磨き上げたいスキルは何ですか?

以前、福島正伸先生の講座の補講に行った時に聞いた話です。

福嶋先生は自分の人生において磨き上げるべきスキルを3つに絞ったそうです。自分が人生で極める3つのスキルを若いうちに決めておく。そうすると30年後、きめていた人と決めていない人で大きな差ができる。

福嶋先生の場合、スピーキング、ストーリーテーリング、プレゼンテーションの3つだったそうです。中でもスピーキングは6年間落語を猛勉強、笑いの取り方、間の取り方は猛勉強し、一つのシナリオを3分、10分、30分といったように状況に応じて自由に時間をコントロールできるよう練習されたそうです。そう、練習する、ということも大切ですよね。

私の場合、若い時に決めたわけではありませんが、文章を書く、ライティングに関しては意識していました。

最近では特に2013年9月から2016年6月まで3年3か月、毎日天声人語書き写しを行いました。おかげでライティングスキルは大幅に向上したと思います。神戸新聞のコラム掲載はそんなタイミングでいただいたのでとてもうれしかったのと、地元で読まれた何人かの方から評判の良い感想をいただけたのもあったからです。


記念すべき1回目。食材に恵まれた地域で
この考え方は今までしたことがなかった、
とある方に言われました

ライティングだけで3つのスキルを極めたい

一生かけて磨きたいスキル3つ、とありますが私は「ライティング」しか出てきませんでした。でも、この「ライティング」ができることで3つ以上のスキルを手に入れたいって正直思っています。

分かりやすい文章を書く

まずは文字通りわかりやすい文章を書けるようになること。元々私、文章表現がまどろっこしいとよく言われましたf^^;あと、専門用語が多すぎると。簡潔な文章を書けるようになってきたのは「天声人語書き写し」の効果が絶大だったと思います。

伝わる文章を書く

相手に伝わる文章をかくにはどうすればよいか。どうすれば続きを読んでもらえるか。もっともっとストーリーテーリングを磨きたいと思っています。もちろん、一目で心を惹きつけるキャッチコピー力も。

1行目の文章を読むと2行目が読みたくなる。2行目を読むと3行目が読みたくなる。そんな文章が理想とよく言われます。そのために身に付けたいのは次の3つめ。

相手の立場になった文章を書けるようになる

これは私にとって一生の目標です。ほんと、他人の気持ち、考えていることがっ分からない人間なので・・・。

ライティング技術を磨くことで、上記3つのスキルを身につけたい。なので、これ以上のスキルを他に求めようと思っていませんし、今から30年だと80歳になっちゃいます(苦笑)。

今、20代30代の方はぜひとも一生かけて磨き上げるスキル、決めて下さい。決めなくとも、考えてみて下さい。そこに自分の”好き”も隠されています。

というわけで、ライティングを磨く一番のコツは毎日文章を書くこと。来年もがっつりブログを書いていきます!!

よろしくお願いします。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする