SEO対策で上位表示をアピールしてくる業者は信用してはいけない

Pocket

昨日、ダイビングショップの電話になんとかソリューションパートナーって会社からSEO対策の売込み電話がありました。

ヤフーさんと提携して検索で上位表示させたいキーワードを確実に上に持ってくることができます!

とのこと。

ん?!それって『ヤフープロモーション広告』の事じゃないの?

とも思ったのですが、それなら「広告運用」というのが正しい言い方。SEO対策であれば、意図的に上位表示させることになります。それはしたくない。

丁重にお断りました。


「SEO対策」って言葉、
もはや死語かもしれない

おはようございます!普段は民宿の経営者兼看板親父♪
コムサポートオフィス副代表のガク(@kasumi_kadoya)です!

社名をググってみたところ、ネット上で悪評の高いSEO対策業者でした。なので、おそらく広告ではなくSEO対策だったのでしょう。

おそらくダイビングショップのリストか何かで順番に電話していっているのだと思います。ダイビング業界の皆さま、お気をつけ下さいね。

今の時代、SEO対策での上位表示保証はできません!

「ヤフーと提携して・・・」という文言は気になりますが、純粋に「SEO対策」で考えた場合、今の時代は上位表示保証なんてできません!もっと言えば「必ず上位表示できます」と断言する事業者はほぼ悪評の高いSEO業者と思って間違いないです。

最近は業者のやったテクニカルなSEO対策が検索エンジンにバレて、逆に表示順位を極端に落とされたり、ペナルティとして検索で表示されなくなったりということが起こっています。

Yahoo!は現在、Googleの検索を使っています。つまり、検索結果はほぼ同じです。違いと言えば、Yahoo!検索ではYahoo!関連・提携サービスの表示がされていることぐらいでしょうか。


Yahoo!ショッピングが優先される(笑)

検索自体はGoogleと同じ。では今、Googleの検索はどのような方向に向かっているか。

実はGoogleは

Google が掲げる 10 の事実

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが1番。
  3. 遅いより早い方がいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいる時だけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を超える
  9. スーツが無くても真剣に仕事はできる
  10. 「すばらしい」では足りない。

という「Googleのフィロソフィ(哲学)」を発表しています。これに即した行動であることが求められています。詳しくはリンク先をご覧いただきたいのですが、ザックリ説明すると

閲覧者であるユーザー重視、役に立つ情報を。お金での順位操作はダメ。

ということです。

つまり、順位をあげたければ、ユーザーに役立つ情報を提供する。アルゴリズムを分析したり、その特性を利用して中身のない内容を上位表示させることは許しません、ということです。

勿論、機械的に行っているのでGoogleの判断が全て正しいわけではありません。ただ、その精度をどんどん上げていこうと努力している。悪意のある上位表示にはペナルティを与える。

書いてある中身に関係なく

「上位表示を確約します!」

というSEO対策の営業をしてくる事業者は絶対に信用してはいけません。

Googleマイビジネスも同様

このことはGoogleマイビジネスも同様です。

基本は「正しい情報を掲載する」こと。ゴールデンウイーク等、特定日に臨時営業、臨時休業する際には必ず、特定営業時間登録をすること。

 
GoogleマイビジネスもWebサイト同様
更新性は重要

Google が掲げる 10 の事実に忠実であること。これを無視してテクニックに走って検索順位を上げようとしない。そういった業者とはつきあわない。

「楽」をする、「ズル」をする。結局後で手痛いしっぺ返しが来ます。誠実にきちんとやりましょう。

*********************************************

メルマガでも骨太コンテンツ配信中♪


メルマガサンプル、ぜひお読み下さい!
※上記画像をクリックすれば
サンプルリストのページへ飛びます

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする