Yahoo!プロモーション広告で屋号を買うことにしました

Pocket

昨日、Yahoo!検索すると、トップの広告枠で「じゃらんnet香住の宿一覧」の動線が貼られてしまっているというお話をいたしました。

詳細はコチラ↓↓↓
「屋号」をGoogle広告やYahoo!JAPANプロモーション広告で購入するという考え方

その後、いろいろ検討した結果、やっぱりYahoo!にも広告を出稿することにしました。その理由は・・・

おはようございます!普段は民宿の経営者兼看板親父♪
コムサポートオフィス副代表のガク(@kasumi_kadoya)です!

Yahoo!JAPANプロモーション広告にも
屋号広告を出そうと思った理由

現在、日本国内の検索利用はGoogle検索が8割弱。Yahoo!検索が2割と言われています。

最新データはコチラ↓↓↓

Google74.92%、Yahoo!21.92%

参照元:statcounter Search Engine Market Share Japan

確かにYahoo!検索を使わなくなりました。私も4,5年ぐらい前まではYahoo!検索だったはず。いつのまにか初期設定をGoogle検索にしています。スマホはiPhoneです。デフォルトのブラウザSafariも検索はGoogleです。にもかかわらず、Yahoo!にも広告を出そうと思った理由は・・・

Yahoo!検索ではGoogleマイビジネスが出ない

これ、盲点でした。当たり前と言えば当たり前なのですが、Yahoo!検索ではGoogleマイビジネスがないのです。


Yahoo!検索にはGoogleマイビジネスがない

その為、必ずしも自社の情報に対して確実に目を触れさせられるようになっているとは限りません。

例えば、私の宿で検索した場合・・・


単純に広告が目立ってしまう

広告のすぐ下に公式サイト。まあ、当たり前と言えば当たり前の並びなのですが、Googleマイビジネスが挟まっている状況に見慣れているので、今はこちらの方が違和感があります(笑)。

高齢者層はPCでYahoo!検索がまだまだ多い

なぜ、Google検索が増えたのか。これはスマートフォンの増加に連動していると思われます。したがって、スマートフォンを使わない層にはまだまだ使い慣れたYahoo!検索を使っている人が多いのではないか。このように想像しています。

2015年と少し古いデータですが・・・

参照元:Yahoo!派?Google派?検索サイト利用実態レポート | 株式会社ヴァリューズ

Googleが極端にシェアを伸ばしているのは若い層ではないかと想像しています。ということは、高齢層ではまだ半分ぐらいYahoo!検索の方がいらっしゃるのかも。しかも私の宿は比較的年齢層が高くてインターネットをされているお客様が多いです。

ソフトバンクやヤフーモバイルにはヤフーアプリが搭載

スマホの普及に伴いGoogleシェアが高まった。特にAndroid携帯はGoogleのOSで運用されていることが大きいです。年配の方ほどiPhoneではなく、安価なAndroidを購入する傾向があります。

が、Android携帯であっても、ソフトバンク、ヤフーモバイルで購入した場合は、ヤフーアプリが標準搭載されています。


ヤフーアプリが標準搭載

Googlechromeとヤフーアプリ。PCでヤフーに使い慣れている人はヤフーアプリの方を利用される可能性もあります。

以上、3点を考慮し、特にシニア世代に強いYahoo!検索を考えた場合、当館のお客様層を考えた場合、こちらも屋号広告をしないといけないと判断しました。

まあ、いつでもいいか。明日やろうは馬鹿野郎になるところでしたが、リクルートさんが変な動線引っ張ってくれていたおかげで、すぐにやる必要性が出てきてしまいました。

むしろ、背中を押してもらえて感謝しなければならないかもしれません(笑)。というわけで、実際に広告出稿して運用してみての気づきがあった場合はまたブログにて報告させていただきますね♪

*********************************************

メルマガでも骨太コンテンツ配信中♪


メルマガサンプル、ぜひお読み下さい!
※上記画像をクリックすれば
サンプルリストのページへ飛びます

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

リニューアルした公式サイト、ぜひご覧ください!!


https://www.com-support-co.jp/

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする