2018-07

地域活性化

GINZAN BOYZは噂にたがわずパワフルだった!~生野銀山の見せ方を変える工夫

坑道内を歩くので、雨の観光スポットとしても最適。13度の涼しさは夏の宿のお客様にもおススメです。でも、生野銀山、凄いと思いませんか?40年前、私が小学生の時に訪れた展示物とほとんど大差ありません。言ってみれば、見せ方を変えただけです。展示に変化を加えることがわかれば、再度訪れたくなります。特にお子さんには人気でしょう。
SNS・WEB全般

マンゴーの学割、じゃなかった、「ガク割増し」はじまります!(笑)

なんと、ガク割り増しで減農薬マンゴーを通販で購入できます!かんな農園さんのネットショップからの注文時、備考欄に『ガク割増し』と記載してご注文頂くと、増量になります。ちなみに農園から購入するメリットは贈答用の見た目の良い高級&高額マンゴーだけでなく、家族で気軽に食べられる見た目ちょい悪マンゴーを安くでゲットできること。
地域活性化

沖縄旅行における台風通過時の体験から、悪天候時の対応を考える

先週の沖縄での体験談です。悪天候時にお客様にどう楽しんでもらうか。観光業界の課題だったりします。今日はそんなヒントになるお話。通常旅行者は沖縄に青い海と青い空を期待しています。でも、雨期だったり台風が来たりと期待に添えないことも。そんな時に楽しんでいただけることを考えたい!悪天候時の対応を考えるきっかけになりました。
SNS・WEB全般

やってはいけない!被災地へのリアルタイムでの売込みメルマガ

絶対にやってはいけないタイミングのメルマガってあります。災害が起こっているタイミングで、被災地に何事もなかったかのように売込みメルマガを配信すること。実は昨日も当たり前のように私のもとには売り込み型メルマガが届いていたんですね。これ、やってはいけない行為です。被災時に被災者への配信は、常連さんを失いかねません。
接客・接遇

旅好きな人こそ「恩送り」って考え方が大切です

「恩送り」と言う言葉があります。誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ることです。私はこの言葉、旅人にこそ常に持っていたい言葉と感じてます。災害などの旅を辛いものにする外的要因。私たちが先週体験した台風や、今回の洪水クラスの大雨が起こった時。困っている人に与えられた試練を「恩送り」でサポートする。
宿泊施設の集客

民泊ではなく宿泊業であることの価値を発信しよう

防火管理、食品衛生、大浴場の管理、防犯、風俗営業等、さまざまな申請や管理講習、検査を受けてきています。これは宿泊施設の価値です。民泊事業者はこういった管理はありません。今一度しっかりこういった対応をしている価値を認識、自覚しておきたいですよね。また、多くのお客様の立場にも知っていただく啓蒙活動が必要です。
SNS・WEB全般

Googleで1や2の悪い評価だけが入ってくるのは無視、スルーをしてOK

お客様の評価基準は十人十色。全てのお客様を満足させられません。自社のことを好きだと言ってもらえるお客様を増やすことが大切ですが、Googleクチコミは購入者、利用者でない方も掲載で来てしまうので、完璧に防ぐことは出来ません。「価値観は人それぞれ」と多様性を受け入れて、スルーするのが一番、割り切る気持ちを持ちましょう。
SNS・WEB全般

Googleローカルガイドへの投稿は評論・評価ではなく次に来るお客様が役立つ投稿を書こう

決して評論家になることなく、役立つ情報を書く。誰かの役に立つかもしれないと感じることがローカルガイドの楽しさです。そんな感じで投稿すると、私はSNSに投稿するよりもGoogleにクチコミを投稿する方が楽しいんですね。そんな感じで私は今、SNSよりもGoogleでのローカルガイドとしての活動にハマっちゃってるんです。
地域活性化

この感動をどう落とし込めるか。サッカーってやっぱり面白い!〜日本vsベルギー戦

歓喜と悔し涙。これは4年に1回のものでしょうか。そんなことはないはずです。あなたのまちに、サッカークラブはあります。そこに歓喜と悔し涙がある。今回の試合に感動した人、悲しかった人はぜひ地元のサッカーを観に行って欲しい。そこに同じような一喜一憂がありますから。サッカーってやっぱり面白いですね。
SNS・WEB全般

旅行中にGoogleマイビジネスを使う流れ〜友達からの紹介でも「検索」は行う

店名を聞いていても、確かな情報で信用していても、結局「検索」はします。Googleマイビジネスを整えておく必要はあります。自分が旅行先でお店を確認するたびに「検索」はしている。そんなユーザー体験をした上で、やっぱりGoogleは必要。無意識のうちに必要なツールとして生活に入り込んでいることを実感してしまうのです。
タイトルとURLをコピーしました