2017-12

マーケティング

去年から宿のお客様に対して年賀状を止め、クリスマスカードにしています

平日は、私の宿の場合比較的シニア層、デジタルアプローチよりもアナログアプローチの方が届きやすい。そう考えると年賀状ってマストアイテム。実際「年賀状いただきました」からの電話予約で1-3月の平日予約が埋まっていくという流れでした。ただ、年賀状も最近は効果が弱くなってきたので、去年、今年とクリスマスカードに変えたのです。
マーケティング

宿商売は季節商売だから資金繰りが大変。大変な時、私はどうしたか

苦しい時に何にお金を使うか。学んだことを行動に移せるか。モノじゃなく知識や知恵にお金を投資する。投資したこと(学んだこと)は必ず実行に移す。結局私が決断し、実行したのはこの2つです。出来れば借金はしたくないですよね(笑)。借金してもやり方を変えなければ資金繰りは改善しない。借金が増えていくだけです。
SNS・WEB全般

SNSは楽しんだもん勝ち、遊んじゃってOKなんですよ~

SNSは仲良くなることが一番大切。そのためには愉しんじゃえばいいんです。難しく考えないで好きなことを発信し、気の合う人と繋がっていく。遊びのままで終わってしまってもいいんです。どんな人か知ってもらう場を持っている。SNSのおかげでいざという時、どんな時に相談すればよい人かが分かってもらっている人が増えて行けばよい。
SNS・WEB全般

Web集客においては来年も”ブログ”が軸になってくるし、”ブログ”は当分なくならない

情報は鮮度が大切。そういった意味ではSNSの方が強いです。でも、ブログは事象に対する意見や自分の思いを書くことが出来ます。しかもそれが蓄積される。実はブログでアクセスを集めるコツは”情報”ではなく”意見”を書くということ。”ブログを書く”というのは”書いて伝える力”を伸ばすためのまさに実践の場でもあります。
マーケティング

”お金”だけかけて集客すればするほど消費者の心は離れていく時代から更にSNS淘汰の時代へと進んでいる

「SNS淘汰」というのは、自分と関係性の低い人の投稿は読まない、「いいね!」もしない人が増えていくということ。広告や宣伝には今以上に耳を貸さない、目を貸さなくなってくる。来年はこれが顕著になってくる年です。私はそんな風に考えています。”お金”だけかけて集客しようとすればするほど消費者の心は離れていく時代なのですから。
マーケティング

「ジオパークでは観光客は呼べないからオワコンだ」は私たちの考えとは全く異なります

「ジオパークでは観光客は来ないしオワコンだ」ではありません。こういった発想があるのであれば、ジオパークに認定される価値が、地域全体に伝わっていない。「ブラタモリ」のような地域発見をジオ的な視点から探る番組がブームになっているのに、各地域ではそういった魅力探し、価値づけ努力を最近怠ってきていると感じたから。
マーケティング

安売りフックの広告、エージェントとは勇気を持って縁を切ろう

価格フックでの広告しか打てない、反応率の悪い広告しか打てない業者さんはきっぱりと断りましょう。安売りでしか集客できないエージェントさんとはキッパリ縁を切りましょう。価値を最大化してくれる広告会社、価値を高くで販売してくれるエージェント。これからはそういった業者さんが登場してきます。
マーケティング

仕事が”楽”と”楽しい”の違いについて

今与えられている仕事を創意工夫できるか。楽しくするかは本人次第。何もしないでもお金が入ってくるような「楽」を求めている人は「楽しい」仕事となかなか出会えないでしょう。創意工夫してそこから達成感を得られるまで頑張れる人が「楽しい」仕事をできるんじゃないか。誰にでも、どんな仕事でも、”楽しい”瞬間ってあると思うんですね。
SNS・WEB全般

どんなお客様に来てほしいかという明確なイメージを持つのは集客と同時にクレーム防止にもなる

Webサイトでの発信において(紙媒体の販促物でも同様)は、どんなお客様に喜んでもらえるかと同時に、どんなお客様にお越しいただきたいかというイメージを持つこと。商品やサービスにフォーカスするのではなく、お客様にフォーカスするという意味でも大切なことです。集客に役立つだけでなく、無用なクレームを防ぐことにもなります。
マーケティング

繁忙日、週末ほど仕事が楽、楽しいになる循環を作ることがサービス業の理想

11,12月の繁忙期をやっていて、平日よりも週末の方が仕事が楽、楽しくなってきました。その理由。週末はほとんど常連様。平日は初めてお会いするお客様が多いので、最初はやっぱり緊張します。組数は変わらないわけですから、日々のルーティンは同じ。勝手の知ったお客様の方が精神的に楽(手を抜いているというわけではないです)。
タイトルとURLをコピーしました