Googleマイビジネスにある「ホームページ=Google Web」「ブログ=投稿機能」という画期的なツール

Googleマイビジネス

タップして電話。経路案内。

確かに便利ですよね。

営業時間がわかるのは良い。

設定完了!!

じゃあ、後は放置しておいて良いの??


Googleマイビジネスを
使いこなそう!!

今日はブログも自社サイト(ホームページ)も持っていない小売店さんにぜひ知っておいてほしい機能の紹介をしますね。

 

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

Googleマイビジネスが電話で言うところのタウンページのような存在になっています。

電話番号や住所、営業時間がわかるわけですから、タウンページよりも便利ですよね。


タウンページ。
すっかり開かなくなりました

でも、うちは地域の人向けの商売をしているのだからホームページやブログはいらないや。

本当にそうでしょうか。

今の時代、60歳以上でもスマートフォンやタブレットで検索している人は増えてきています。

60代シニアのスマホ所有率が5割超に、初めてガラケーと逆転、70代も3割超 -NTTドコモ(2018.5.8)

60代シニアのスマホ所有率が5割超に、初めてガラケーと逆転、70代も3割超 -NTTドコモ
シニアのスマホ所有率の最新調査で、60代が初めてスマホ所有率が5割超に。

確かにお金をかけてするほどではないかもしれません。時間も有限です。

ホームページ=お金がかかる

ブログ=時間がかかる

といった問題点があります。

そうなると、優先順位は低くなる。なかなか始められませんよね。

この2つをクリアできる機能がGoogleマイビジネス内にはあります。

しかも、無料です。

ホームページの役割を果たす「Google Web」機能

実は、Googleマイビジネスにオーナー登録すれば、最短30分ほどでホームページが作れてしまう機能があります。


管理画面内にある「ウェブサイト」
というところが「Google Web」

ここをクリックすると「テーマ、編集、写真」が選べます。

↓↓↓↓↓

こんな感じです!!

これらを選んで説明書きを入れるだけ。すると、テーマのところで選んだテンプレートと字体でWebサイトが簡単に公開されます。


かかる時間は写真選定と説明書きの部分だけ

住所とGoogleマップの連動が既にされていますし、写真投稿からフォトギャラリーもできています。

勿論、タップで電話もOKでスマートフォン対応のレスポンシブルデザインです。

持っていない方ならばこれで充分ですし、お金を払えば独自ドメインもとれます。


Googleマイビジネスの付属無料機能です!

ブログの役割を果たす「投稿」機能

更にもう一つ、ブログのようにイベント等各種お知らせ記事を書けるのが「投稿」機能です。


管理画面内にある「投稿」機能

こちらは、投稿入力画面に入ってしまえば、写真1枚と文章、アクションを促すリンクボタン等が設置できます。


SNSの投稿と同じぐらい簡単♪

ブログやSNSのように肩ひじ張って毎日やるプレッシャーはありません。月に数回、週に1回でも良いのです。報告でもお知らせでも、お客様にお伝えしておくと良いようなこと。例えば、臨時休業や会陰自営業のお知らせなどは便利です。

何と言っても屋号検索で最初に目立つGoogleマイビジネス内に掲載されるわけですから。


こんなに目立つ感じで
投稿写真が露出される!

いかがでしょう。

これが無料で使えるわけです。


投稿機能で様々な用途が広がります!!

ホームページ制作のようにお金がかかりません。

ブログやSNSのように過度な時間の浪費にはなりません。

最低限、Web上で押さえておくべきところができるのです。

それでもまだあなたの商売の屋号に対し、「あなたはこのビジネスのオーナーですか?」を出したままにしておきますか?


まずはオーナー登録を!!

この2つの機能、ぜひ活用してみて下さいね!!

※投稿機能は宿泊施設のみ利用できません。

 

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

2,3日に1回配信しています

無料のコムサポメルマガ登録はこちらです!

10室以下の小規模宿泊施設様向けに特化した無料メルマガはこちらです!
(コムサポメルマガとは別になります)

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらです!

Googleマイビジネス講座のお知らせ

★大阪市開催
2018年11月7日(水) 19:00〜21:00
場所:大阪産業創造館 6階 会議室AB

詳細はこちら
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=26610

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました