私が宿ブログを毎日書いている理由

Pocket

最近、ブログは毎日書かなくても良くなった、という話をよく耳にします。

確かにそうなんですよね。

このブログも宿のブログも私、毎日書いています。

コムサポブログは今後メルマガに移行し、毎日書かなくなっていくかもしれません。

でも、宿ブログは今のところ毎日続けるつもりです。


私が毎日書き続けている宿ブログ

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

まずは「ブログは毎日書かなくても良くなった」と言われている理由についてお話したいと思います。

ブログは毎日書かなくても良いと言われている理由

ブログは毎日書か書かなくても良い。

これには2つの根拠があります。

検索されやすさが量よりも質になってきている

一つはブログがストック型のツールであるということ。キーワード検索などで後々見つけてもらえることを目的としています。

Google検索に引っかかりやすくなるのは100記事ぐらい書けば、と言われています。なので、最初の3ヶ月ぐらいは毎日更新した方が良い。

そこから先は毎日書くことよりも、良質な内容を1週間に数記事でOK。

内容の薄い記事を毎日書くよりも3日に1記事濃い記事を書いた方が良いという流れになってきているからです。


「1記事毎に何かのキーワード」という発想

交流はSNS中心になってきている

ブログには日記的な要素もあります。が、TwitterやFacebookといったSNSが近況報告の役割を担うようになった。

日々のコンタクトをとれるSNSの存在がブログを毎日書かなければならないという必要性を弱くしていきました。

近況報告はSNSで行うのが普通になっている

以上の2点から、

ブログは毎日書かなくても良い

と、言われるようになったと私は考えています。

私自身、それは否定しません。

むしろ、それが世の中の流れだと思います。

私が宿ブログを毎日書く理由

そんな中、なぜ私は宿ブログを毎日欠かさず書くのでしょうか。

理由は

読んで下さっている常連さん、旅行予定の方がいらっしゃるから

です。

それはたった一人かもしれません。

今の時代どんなにアクセスが多くても、毎日読んで下さる方は少数です。

特に宿の場合は時期的なモノもあります。


大切なのは「宿のお客様」に向けて書くこと

今、私の宿ブログのアクセスは冬場で1日3千PV、冬場以外、今の時期で1日2千PVぐらいです。

その多くが検索からです。

既に6年近く続けているので、記事数が2千記事を超えています。

1記事1検索あれば物理的に毎日2千アクセスは達成します。

毎日キーワードを意識してブログを書けば、アクセス数を稼ぐことは可能です。

ブログが新規顧客を得るために行っているのであれば、正直、全8室の小さな民宿が毎日得られるアクセス数としてはこれで充分と言えるかもしれません。

これ以上躍起になってアクセスを増やす必要はないでしょう。

ちなみにこの中でどれぐらいの人が毎日ブログを見に来てくれているでしょうか。

グーグルアナリティクスで色々なデータを調べてみたのですが、新規とリピーター、リピートの回数の部分を見てもイマイチ正確なヘビー読者さんの数はわかりません。

ただ、私はヘビー読者さんの数の多い少ないはあまり関係ないかな、と考えています。

宿泊施設という特性を考えた場合、自分が予約をしてから宿泊後数日ぐらいは小まめに確認していて、段々と見なくなる。また、泊まりに行きたくなったら見る、あるいは思い出した時に見る、といった感じではないかと思うからです。

人数は少ないですが、直近のブログを必要としているお客様がいらっしゃるのではないかと考えているからです。

あるお客様とのエピソードより

先週末、「黄金ガニプラン」という特別なカニで宿泊いただいたお客様とお話をしていたら、やたらと詳しい。


紅ズワイガニなのに腹部が白い黄金ガニ

実際のカニをお見せした時に

「ああ、これがブログに書いてあったレスキューカラーのカニですね♪」

と言われました。

お客様の宿泊日が4月21日。

私が以下のブログを書いたのが4月15日です。

しっかりお読みいただいていたんですね。

「ブログ見てます」

と、フロントにいる私にお声がけいただくお客様は多いです。

そういったお客様は宿泊日の直近のブログのほとんどに目を通している。

これは間違いないと思います。

私も自分が旅行に行く立場だった時はそうしているからです。

楽しみにしていればしているほど、直近のブログをチェック。

何が旬で、今何が話題かという情報をブログから集めます。

それが旅館やお土産屋さんで会話の切り口になることもあるので。

逆を言えば、直近のブログの更新がされていなかったらガッカリしちゃいます。

お客様の言動から自分が旅行をする際の行動則に当てはめてみると・・・

旅行の日が近づくにつれ、
楽しみな気持ちを増加させるために
旅先の詳しいブログを見る

は、行っています。

であれば、そういったお客様がいらっしゃる限り、例え絶対数が少なくても、できるだけ鮮度の高いブログをお届けしなければならない。

SNSはやっていない、そのSNSの場合その投稿は目に入らなかった、ということは多々起こります。

ブログならばWebサイトにリンクを貼っているし、ググっても出てきやすい。

読んで下さるヘビーユーザー、もしくは直近に旅行予定のある方が数名であったとしても、その数名の方のために書くのがサービス業、宿泊施設の価値。

常連さんを大切にするということ。

ストック型のブログですが、間もなくお越し下さるお客様のためには日々の様子を綴ったブログは重要。

毎日更新する中で、週に2、3回キーワードを狙って骨太なブログを書く。残りの日は(自分自身でも地域でも)日々の様子を書く。

それでいいんじゃないかって思います。

地域性の高い宿泊施設ですので、そんなスタンスでブログを毎日更新しています。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

10室以下の小規模宿泊施設様向け連載回数7回の無料メルマガ始めました!!

小さなお宿向け集客メール講座【全7回・無料】

登録はこちらから↓↓↓

 

 
メールアドレス
 
 
 

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする