ブログのアクセス数ってどれぐらいあればよいですか?☆バズったアクセスはボーナスです | Com Support Office Adviser Gaku

ブログのアクセス数ってどれぐらいあればよいですか?☆バズったアクセスはボーナスです

Pocket

大晦日と元日は読書三昧、と宣言していましたが、天皇杯は見ていました。


セレッソ大阪天皇杯優勝!!

わずか1年でこんなにも急激に強くなっているとは・・・

ユンジョンファン監督の手腕、すごいですね!見ていてまだまだセレッソ大阪は強くなりそう。そんな感じがしました。

個人的には浦和レッズへの移籍が噂されているマリノスのマルティノス選手に注目してみていました。改めてみてスピードとキレのある良い選手ですね!!

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

過去記事がプチバズった件

さて、当ブログ。実は年末にアクセスが普段よりも急増していました。


12月30日が最も多かったです!
※一目盛り1000です

この日に何かすごい記事を書いたのかというとそういうわけではありません。

アクセスが集中したのは10月12日に書いた過去記事。

影響力のある方がFacebookで記事を紹介、多数シェアされたものと思われます。


はてブとFacebookの「いいね!」が多数

記事を書いた時は対して反響がなかったのですが、今になって拡散されました。これがブログの記事の蓄積効果ですね。

しかし、シェアやリツイート、はてブでのコメントを見ていると、宿業界以外の方々が「これはヤバイよね!」ってコメントされています。

私自身、これは宿業にとってかなりの大問題だと思うのですが、宿業界で騒いでいる人はあまり見かけません。私ぐらいでしょうか。

大した問題ではないと判断されているのか、自分たちにどうしようもない問題だと諦めているのか、、、

まあ、業界の問題は置いといて、ブログの資産性がわかる出来事だと思います。

1日で数万アクセスあるような大バズではなく、数千レベルなので、プチバズと言わせていただきます(笑)。

アクセス数目標は「記事数=アクセス数以上」

ブログ記事のアクセスってどれぐらいあればいいんですか?

と聞かれます。

先述のようなバズは”ボーナス”です。正直、あっても良いけどなくても良い。最近、バスは最終ゴールを売上にしているビジネスブログだとあまり意味はないと言われてきています。(書き続けるモチベーションにはなりますけどね)

基本ブログは、日々読んでくださる来訪者を増やすことが大切。

その際、私が努力目標としておいているのは記事数とアクセス数が同じ、あるいはアクセス数の方がちょっと多い程度。

例えば私の宿ブログ。

現在1960記事です。つまり、1日2000アクセスぐらいあればいいかな、と。


冬の繁忙期で1日3千アクセスぐらいです

春や秋の閑散期だと2千アクセスぐらい。

ちょうど記事数=アクセス数、繁忙期になると1.5倍ぐらいに増える、といった感じです。

ちなみに当コムサポブログは本日で460記事。

平均的なアクセス数は1日500前後です。繁忙期&閑散期の境がない内容ですので、プチバズった時にアクセス数が増える、といった感じです。

ね、見事なぐらいに

記事数=アクセス数

ってなっていますよね。

百記事書けばアクセス数の目標は1日百。

千記事書けばアクセス数の目標は1日千。

わかりやすいです。

この適正値が正しいかどうかはわかりません。

ただ、本当に読んでほしい人の数は記事数に正比例していくって定義しておくとわかりやすいし、目標化しやすいと思いませんか?

一つの記事で1日一人の方が訪れる。

そんな内容の記事を書くイメージを持つ。

そう考えても良いかもしれません。

あくまで目安ですが、どんな業界でも参考値にしていただいて良いと思います。もちろん、これよりも多い場合はそれに越したことはありませんが、その場合は転換率(読者がお客様になってくださる率)をしっかり見ておきましょう。

アクセス数を集めることが目的の記事を書いても、それが転換率に反映されなければブログを書き続けるモチベーションは上がらないのですから。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする