SNSは楽しんだもん勝ち、遊んじゃってOKなんですよ~ | Com Support Office Adviser Gaku

SNSは楽しんだもん勝ち、遊んじゃってOKなんですよ~

Pocket

来年も引き続きブログファーストになる。

そうお話ししました。

SNSは時代の流れでツールとして変わって行くかもしれない。

数年後、Facebookが今8年前ぐらいのmixiを思い出すようなイメージになっている。

そんな時代がすぐに来るかもしれないわけです。

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。


じゃあ、今やってるSNSはどう活用すればいいの?

愉しめばいいんです。

自分が日々興味を持っていることを発信する。

興味のある発信をしている人と仲良くなる。

「いいね!」する。レスをつける。

それでいいんです。


共感できる人と繋がって行こう

新しく友達が出来た時のことを思い出してみよう

SNSで新しく友達、あるいは相互フォローする時の流れを思い出してみましょう。

Facebookはリアルで会ったことのある人しか友達にならないケースが多いので、Twitterで考えてみましょう。

フォローされた時、「いいね!」をもらった時。タイムライン上でやり取りがあったり、共通の友達が多かったらフォロー返ししたりしますよね。


「通知」で見知らぬ人から「いいね!」
いただいた時とか・・・

その時、相手のプロフィールを確認すると思います。

何を確認しますか?

何をしている人か。

共通点は何か。

どんな発信を日々している人か。

大体そんな感じじゃないでしょうか。

更にリンクがあれば、見に行ったりすると思います。

Instagramも同様ですよね。

どちらも、自己紹介や投稿で「楽して儲かる系」のことばかり書いている人だったらフォローしません。

リンク先がブログで、面白かったら読んじゃったりします。

この流れいかがですか?

この流れでやっていない人。きっとSNSが続いていない人だと思います(笑)。

自分のプロフや投稿もチェックされている

ということは、自分もその動線でチェックされるということ。

なので、大切なのは

・プロフィールはどんな人なのかわかりやすく

・日々の投稿を一貫しよう

・ブログがあればリンクを貼っておこう

ということになります。

”投稿を一貫する”というのは、タイムラインを見た時に

「ああ、こういった感じの投稿をしている人なんだな」

というのが投稿をいくつか見たらわかるようにしておくということです。

感性があったり、共感すればフォローしてもらえるでしょうし、そうじゃなければされないだけ。

合う人と繋がっていくのがSNSです。

当然ながら楽しい、興味深い投稿であることがフォローしてもらいやすくなるコツになります。

あと、ブログにリンクを貼っておけば・・・


勿論私もブログに
リンクを貼っています!

興味を持ってもらえれば見てもらえますよね♪

SNSは会社や商売に興味を持ってもらう場ではありません。

自分自身に興味を持ってもらう”場”です。

そこからの動線であるブログにも商売に関する宣伝、売込みを書いていません。

あくまでも自分の商売に対するこだわりや思いを書く。

「情報」ではなく「意見」を書く。

自分に興味を持ってもらう。SNSで人として興味を持ってもらったら”仕事に対する思い”をブログで知ってもらう。


SNSからブログの流れを作るのは大切!!

SNSは仲良くなることが一番大切。

そのためには愉しんじゃえばいいんです。

難しく考えないで好きなことを発信し、気の合う人と繋がっていく。

それ以下でもないし、それ以上でもない。

SNSが遊びのままで終わってしまってもいいんです。

どんな人か知ってもらう場を持っている。SNSのおかげでいざという時、どんな時に相談すればよい人かが分かってもらっている人が増えて行けばよい。

宿事業者として私の場合、

「カニ食べたいなぁ。ガクさんに相談してみよう」

って何かのタイミングであればいいわけなんですから。

このブログに関しては、私にでもうちの奥さんにでも

「コムサポートオフィスに相談してみよう」

って思ってもらえればいいわけなんです。

なので、ブログをしっかりやった上で、好きなSNSを好きなようにあそび倒しちゃえばOKなんです。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする