参加したくてもしづらいセミナー「なぜ、あのお店は値上げしてもお客様が減らないのか?」

Pocket

5月16日、豊劇に行ってきました!!


現在「ラ・ラ・ランド」上映中♪

こちらを観に・・・

ではなく、こちらがお昼上映されていた映画館で夜にセミナーを開催、登壇させていたきました。


5月度コムサポセミナー!!

映画が上映されていたスクリーンにパワーポイントを投影。気持ち良いです^^

おはようございます!普段は民宿&ダイビングショップの親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

今回私が登壇させていただき、お話しさせて頂いた内容は以下の通り。


なぜ、あのお店は
値上げしてもお客様が減らないのか?

内容は結果として「値上げしても売れるようになった」というお話。どちらかというと、「なぜ、あのお店は広告を出していないのにお客様が増え続けているのか?」というお題の方が良かったかも、という指摘もあった内容でした。

ご参加いただいた皆様にはとても好評。喜んでいただけたことにホッとしています。ただ、今回は集客に苦労しました。

20人定員のところに結果7名。去年の4月に私が登壇して募集した際は20名定員に対して60名近くの方が参加。2回に分けて開催させていただくという反響。

今年はなぜ????

しかも、約1ヶ月前に告知したにもかかわらず、1週間前まで申し込みゼロ。

私の人気、1年で凋落???

と思っていたのですが、ドタ参が相次ぎ最終的には7名に。

そんな中、参加いただいた方から衝撃的なひと言をいただきました。

今回のセミナー、参加表明に勇気がいりました。

と。

参加したくても参加しづらいセミナータイトル

田舎だと特にそうかもしれません。

興味ある、参加してみたいセミナー、講演だけども、タイトル見てちょっとどうしようかと。


このセミナータイトル、
何がまずかったか?

続けてこう言われたのです。

「値上げしても」ということは「値上げしたい」ということ。

このセミナーに参加するってことは

「あいつ、値上げしたいんやな」

「あいつのところ、値上げしようとしているんだな」

って思われそうで嫌だ

と。

はぁーーーー

なるほど!!

そこまで私、気が回りませんでした。

参加するならば内緒でしたい。

そんな思いにさせてしまうセミナータイトルだったのです。

最終的には講演内容が「値上げ」テクニックの話ではなかったので、参加を隠すような内容ではありませんでした(と、私は思っています)。


なので、最後は気持ちよく皆で記念撮影

伝える言葉の重要性を常々お話ししていますが、伝われば良いというものではない・・・。

反省大きタイトル設定となってしまいました。

機会があればタイトルをガラリと変えて今回と同じ話をしたいと思います。

最終的な目標はタイトルがなんであっても参加したいって言ってもらえるようになることですけどねf^^;

 コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

The following two tabs change content below.
普段は民宿の親父、時々ダイビングインストラクターです。昭和42年生まれのアラフィフ。8年間のサラリーマン生活の後、実家の民宿を継ぐ。一時は1億あった借金を8室の小さな民宿で返済。田舎の小さな事業者は、お金をかけなくてもお客様に喜んでいただいてなおかつしっかりと利益のとれる商いをしないといけません。そのために役立つ情報を日々発信していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする