ブログを毎日書くことを習慣化させるために私がやっている時間の使い方

SNS・WEB全般

今日からは「ブログ」について書きたいと思います。考えてみると私今、3つのブログを書いています。一つは宿ブログ。

香住・佐津温泉『民宿かどや』公式ブログ
松葉かにと但馬牛に代表される『食のジオパーク香美町』の美味しさの成り立ちを語るジオなブログ

もう一つは宿のお客様の声ブログ。

民宿美味し宿かどや「お客様のお声」
民宿美味し宿かどやにご宿泊いただいたお客様から頂いたメッセージを紹介させて頂いています。いただいたメッセージ一つ一つに心をこめてお返事も書かせて頂いています。メッセージをご覧の通り、民宿かどやはカニ旅行や香住への旅行で、『三世代旅行』や『母娘旅』等の大人の親子旅の方が多い宿です。

そしてこのブログ。


どうしてそんなにかけるのーーー
そんな時間、どうやってとってるのーーー

そう聞かれることも多いです。

ブログを習慣化させるには。

そんなテーマでお話していきたいと思います。


歯磨きするようにブログを習慣化させたい!

おはようございます!普段は民宿の親父、コムサポートオフィスのアドバイザーもやっているガク(@kasumi_kadoya)です。

ブログを書くことを習慣化させる。歯を磨く、お風呂に入る、といったような感じでブログを書くのを生活の一部にしてしまう。その為のコツ、私なりの考え方を今日は書いてみますね。

 

ブログを書く時間の取り方

まず、時間の取り方です。「ブログを書きたいけど書く時間がない」とよく聞きます。厳密にいえば、「書く時間がない」のではなく「書く時間をとっていない」のだと思います。

例えば私は天声人語の書き写しを3年間続けました。でも、英会話の勉強を1日15分やる、と毎年年初に決めますが、1週間ぐらいで挫折します。振り返ってみると、時間をとったかとってないかの違いだけです。決めたことに対してやりきる気持ちと覚悟の差であることは歴然としています。

英会話の優先順位が高くないんですね。


実は去年の新春セミナーで同時翻訳デバイス
「イリ―」の話を聞いた時、もう英会話は
勉強しなくて良いかもって思った

時間をとっていないということは優先順位が低いということ。
ブログを書く価値を自分の中で持っていないのです。

というと、上から目線、キツイ言い方ですね。真剣に時間の取り方がわからない、という方もあろうかと思います。

私がう思う時間の取り方は2種類あります。

(1)スキマ時間を利用する

これは自営業者向きの方法です。働いている1時間のうち、10分ぐらいは何もしていない非生産的な時間ってあるはずです。もっと言えば、移動中。電車通勤とかだったらなおいいです。

田舎な私はほとんど車利用なので流石に車の中でブログは書けません。でも、ブログネタを思い付いた、タイトルが浮かんだ、という時はとっさにスマホに音声録音するようにしています。

実はブログが書けないって「ネタが浮かばない」ということが多いと思います。机に座ってから「今日は何書こう?」では続かないと思います。

ここ、重要なポイントです。

ブログを書くと決めた瞬間には書く内容が決まっていること。


机に座ってから考えない!!

その為にはネタをストックしておくことです。

せっかくネタが浮かんでも数分後には忘れてしまっているということ、ありませんか?思い浮かんだらメモる、あるいは音声メモに入れて置く習慣をつけると良いです。

スキマ時間に書く、というのは私の経験上難しいです。スキマ時間はアイデアだしに使う。例えば本を読むとかFacebookやTwitterのタイムライン、ネットニュースを見た時、何らかの感情や思考が生まれますよね。それをネタとして考えられないかとするわけです。

特にSNSのタイムラインを見ている時間。これ、時間の使い方としてはとても無駄ですが、無駄にしない方法。

タイムラインを眺めていて生まれてきた感情や考え方、
これをブログネタにできないかな、と考える癖をつけること。

ここからブログネタが生まれれば最強です。

(2)時間を決めて集中して書く

先述したように、机に座った時点では書く内容が定まっていることが重要です。そんな中で、書く時間帯を決めておくこと。私は「お客様が食事をしている時」と決めています。

その時間帯、私は必ず宿のフロントにいます。朝食が8時からスタート。終了は9時まで。この1時間を活用します。

 

この時は誤字脱字を気にせず、文脈の矛盾もあとから推敲すればいいぐらいな感じで書ききっちゃいます。

調子に乗った時は一気に2,3記事分書いちゃう時もあります。

宿屋の場合、朝食の時間帯は電話も少なく、お客様からの飲料オーダーも少ないのでフロント業務は比較的暇なのです。

また、乱書き、といっても数をこなしてくると精度は上がってきます。長文の場合、書く前に見出しをいくつか書いておき、それぞれの項目を書いた後でつなぎ合わせる、といったやり方をする場合もあります。

ちなみに推敲は朝一番、アップする前か、寝る前に行います。

乱書きして後で推敲する。

 

細分化することで、苦手なことは何かを見つけよう

とはいっても、ブログを書くのに行き詰まる時ってありますよね。

そんな時は「ブログを書く」という行為の中で、何が苦手なのかを考えてみましょう。以下に抽出してみますね。

・ネタを見つけるのが苦手

・文章を書くのが苦手

・そもそもパソコンでキーボードを打つのが苦手

・書いている途中についつい他の作業をしてしまう

・途中に入れる写真探しに時間がかかる

・裏付けのデータをネット検索していると、ついついそこからネットサーフィンしてしまうw

などなど。


フロントでブログを書いているところ
(写真に迷った時はそのテーマの
作業をしている自撮り写真が伝わりやすい)

書くことによって明確に成長できます。コツもつかめてきます。

私がやっているのは「書く時間を決める」ということと、パソコン開いた時点では書くことを決めているということ。

 

どうすれば毎日のブログ書きをルーティン化できるか。

ぜひ考えてみて下さいね。

コムサポートオフィス代表
今井ひろこのブログはこちら
お問い合わせもこちらから

↓↓↓
今井ひろこドットコム
今井ひろこドットコム

タイトルとURLをコピーしました